あしぎぬ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
から転送)
移動先: 案内検索
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

(あしぎぬ)とは、古代日本に存在した絹織物の一種。交換手段・課税対象・給与賜物・官人僧侶の制服などに用いられた。

日本書紀』に振られた和訓は「ふとぎぬ」、『和名類聚抄』においては「あしぎぬ」である。また、『令義解』においては、「(糸の)細きを絹と為し、麁きを絁と為す」という一文があることから、通説では大陸渡来の精巧な絹に対して国産の糸が太くて粗い糸で織られた後世ののような平織りの織物であると推定されている。ただし、律令法において最も上質とされている絹織物は、美濃国で作られた美濃絁(みののあしぎぬ)とされていること、現在正倉院宝物として残されている絹と絁を比較すると、大きな品質の違いが認められないことから、通説に問題があるのか、奈良時代には両者の品質差が無くなっていたのか議論の余地が残されている。

「丹後国赤あしぎぬ」で、これを調査した布目順郎(京都工芸繊維大学名誉教授)によれば『比較的細密で、しかも確りと織られており、数ある「あしぎぬ」の中でも上等品に属し、絹といっても通用する程度のもの』と述べている。  先年、この「丹後国赤あしぎぬ」を古代技法そのままに宮津青年会議所のメンバーで復元した。そのうち1反を牛田織物会長・牛田宏が、丹後ちりめん発展の願いを込めて東大寺に奉納、正倉院に保管された[要出典]。なお、この復元「あしぎぬ」は500年後に一度開封されることになっている。