藤原真楯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤原真楯/『前賢故実』より

藤原 真楯(ふじわら の またて、霊亀元年(715年) - 天平神護2年3月12日766年4月25日))は、奈良時代貴族。初名は八束(やつか)。藤原北家の祖・参議藤原房前の三男。官位正三位大納言太政大臣

経歴[編集]

天平12年(740年正六位上から従五位下次いで従五位上に続けて昇叙され、天平15年(743年正五位上、天平16年(744年従四位下と、聖武天皇に才能を認められその寵遇を得て急速な昇進を果たす。聖武朝においては、天皇の命により特別に上奏勅旨を伝達する役目を担ったという。非常に明敏であるとしてこの頃誉れが高く、そのために従兄弟の藤原仲麻呂からその才能を妬まれることがあったが、これに気づいた八束は病と称して家に閉じ籠もり、一時書籍を相手に日々を過ごしたという[1]。天平20年(748年参議に任ぜられ、1歳年上の兄・永手に先んじて公卿に列す。

天平勝宝8年(756年)聖武上皇の崩御後まもなく、兄・永手が非参議から一躍権中納言に任ぜられ、八束は官途で先を越される。しかしながら、天平宝字2年(758年)の唐風への官名改称に賛同、天平宝字4年(760年)には唐風名「真楯」の賜与[2]を受けるなど、藤原仲麻呂政権下でも仲麻呂に協力姿勢を見せ、天平宝字4年(760年)従三位、天平宝字6年(762年中納言と順調に昇進を続けた。またこの間、天平宝字2年(758年)に来朝した第4回渤海使の揚承慶が帰国する際に、八束は餞別の宴を開催し、揚承慶はこれに感動し賞賛している。

天平宝字8年(764年)の藤原仲麻呂の乱では孝謙上皇側につき、正三位授刀大将に叙任、勲二等を叙勲された。天平神護2年(766年)正月、右大臣に昇進した永手の後を受けて大納言に任ぜられるが、3月に死去。享年52。大臣としての形式で葬儀が行われ、太政大臣官職を贈られた。

同時代の有力者は仲麻呂(恵美押勝)で、最も栄えていたのは南家であった。また、当時の北家の嫡流大臣にまで昇っていた兄の永手であり、氏族間の均衡が望まれて親子・兄弟で要職を占めることに批判がなお強かった奈良時代後期において大納言まで昇った事はその才覚による部分が大きいと言える。そして後年藤原氏で最も繁栄する藤原道長頼通親子などを輩出したのは、彼を祖とする北家真楯流である。

人物[編集]

度量が広く、政治家として天皇の政務を補佐する才能があった。

万葉集』に短歌7首、旋頭歌1首の計8首収録。同書の補注などから大伴家持とは個人的親交があったと推測されている。

系譜[編集]

  • 妻:佐味奈氐麻呂の女(氐」は「氏」の下に「一」)

略歴[編集]

参考文献[編集]

  • 野村忠夫「永手・真楯(八束)・御楯(千尋)」(『史聚』12号、1970年
  • 前田晴人「藤原八束(真楯)の改名問題」(『東アジアの古代文化』89・91号、1996年1997年
  • 吉川敏子「仲麻呂政権と藤原永手・八束(真楯)・千尋(御楯)」(『続日本紀研究』294号、1995年
  • 木本好信「藤原真楯薨伝について」(『古代文化』57巻3号、2005年
  • 木本好信「『続日本紀』藤原真楯薨伝・再論」(『政治経済史学』491号、2007年
  • 木本好信『藤原四子』(ミネルヴァ書房2015年
  • 木本好信『藤原北家・京家官人の考察』(岩田書院2015年

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』天平神護2年3月12日条の真楯薨伝による。ただし、これは兄の永手伝の混入の結果であり、後に仲麻呂の唐風への官名改称への賛同、および「恵美押勝」と同様の形式である唐風の「真楯」の名を賜与されている点から、両者には深刻な対立は無かったとする意見もある(吉川敏子「仲麻呂政権と藤原永手・八束(真楯)・千尋(御楯)」(初出『続日本紀研究』294号、1994年 『律令貴族成立史の研究』塙書房2006年 ISBN 978-4-8273-1201-0 所収))。
  2. ^ 淳仁天皇からの賜与であるが、実質的には恵美押勝の意志による。[要出典]

関連項目[編集]