渤海使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渤海使(ぼっかいし)は、渤海より日本を訪問した使節である。728年から922年までの間に34回(このほかによる派遣が1度)の使節が記録に残っている。

概要[編集]

渤海698年大祚栄により建国されたが、大武芸の時代になると新羅と外交的に対立するようになり、これらの勢力を牽制する目的で日本への遣使が計画された。初期には軍事同盟としての色彩が強い使節であり、また日本側もこれを朝貢であると捉え、使節を非常に厚遇している。

しかし大欽茂の時代になり、唐との融和が図られる時代になると軍事的な意味合いは薄れ、もっぱら文化交流と経済活動を中心とした使節へとその性格を変化させていった。特に問題となったのは朝貢貿易の形態を取ったことで、これにより渤海からの貢物に対して日本側では数倍の回賜でもって応える義務が生じ、渤海に多大な利益をもたらした。日本側は、朝廷の徴税能力が衰え、使節供応と回賜のための経費が重荷となった後は、使節来朝を12年に1度にするなどの制限を加えたが、その交流は渤海滅亡まで継続した。

唐渤関係の安定化に伴い、日唐間の交通の仲介として機能した。

貿易品目[編集]

8世紀後半以降はもっぱら北方産の獣皮と日本から繊維製品や金・水銀の交易が主目的。

渤海使一覧[編集]

回数 来朝年 元号(日) 元号(渤) 正使名 天皇 渤海王 出典
1 727年 神亀4年 仁安5年 高仁義 聖武 大武芸 続紀
2 739年 天平11年 大興2年 胥要徳[1] 聖武 大欽茂 続紀
3 752年 勝宝4年 大興15年 慕施蒙 孝謙 大欽茂 続紀
4 758年 宝字2年 大興21年 揚承慶[2] 孝謙 大欽茂 続紀
5 759年 宝字3年 大興22年 高南申[3] 淳仁 大欽茂 続紀
6 762年 宝字6年 大興25年 王新福 淳仁 大欽茂 続紀
7 771年 宝亀2年 大興34年 壱万福[4] 光仁 大欽茂 続紀
8 773年 宝亀4年 大興36年 烏須弗 光仁 大欽茂 続紀
9 776年 宝亀7年 大興39年 史都蒙 光仁 大欽茂 続紀
10 778年 宝亀9年 大興41年 張仙寿 光仁 大欽茂 続紀
11 779年 宝亀10年 大興42年 高洋弼 光仁 大欽茂 続紀
12 786年 延暦5年 大興49年 李元泰 桓武 大欽茂 続紀
13 795年 延暦14年 正暦元年 呂定琳 桓武 大嵩璘 国史
14 798年 延暦17年 正暦4年 大昌泰 桓武 大嵩璘 国史
15 809年 大同4年 正暦15年 高南容 嵯峨 大嵩璘 国史
16 810年 弘仁元年 永徳元年 高南容 嵯峨 大元瑜 後紀
17 814年 弘仁5年 朱雀2年 王孝廉 嵯峨 大言義 後紀
18 818年 弘仁9年 朱雀5年 慕威徳 嵯峨 大元義 国史
19 819年 弘仁10年 建興元年 李承英 嵯峨 大仁秀 国史
20 821年 弘仁12年 建興3年 王文矩 嵯峨 大仁秀 国史
21 823年 弘仁14年 建興5年 貞泰 嵯峨 大仁秀 国史
22 827年 天長4年 建興9年 王文矩 淳和 大仁秀 国史
23 841年 承和8年 咸和11年 福賀延 仁明 大彝震 後紀
24 848年 嘉祥元年 咸和18年 王文矩 仁明 大彝震 後紀
25 859年 天安3年 烏孝慎 文徳 大虔晃 実録
26 861年 貞観3年 李居正 清和 大虔晃 実録
27 871年 貞観13年 楊成規 清和 大虔晃 実録
28 876年 貞観18年 楊中遠 清和 大玄錫 実録
29 882年 元慶6年 陽成 大玄錫 紀略
30 892年 寛平4年 王亀謀? 宇多 大玄錫 紀略
31 894年 寛平6年 宇多 瑋瑎 紀略
32 908年 延喜8年 醍醐 諲譔 紀略
33 919年 延喜19年 醍醐 諲譔 紀略
34 922年 延喜22年 不明 醍醐 諲譔 扶桑
35 927年 延長7年 天顕2年 醍醐 耶律突欲 紀略

注:第35回使節は東丹国よりの使者が渤海使を名乗ったものである。天顕はの年号。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 新王大欽茂即位を告げる使者であり、また、遭難の遣唐使平群広成一行を日本に送る使者でもある。往路に乗船転覆死亡。副使は将軍己珎蒙。己珎蒙は日本の朝廷での弓射の行事にも参加し、また別の機会に渤海の音楽の演奏もしている。
  2. ^ 副使・揚泰師、判官・馮方礼
  3. ^ 副使は高興福、判官は李能本・解臂鷹・案貴宝。内蔵全成らの帰国と共に来朝。藤原清河の上表文を提出。
  4. ^ 当初、渤海からの親書を無礼であるとして日本側が受け取り拒否。壱万福が弁明。