クラスキノ土城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クラスキノ土城(クラスキノどじょう)はロシア連邦沿海地方クラスキノにある渤海の遺跡。塩州城に比定される。ポシェト湾奥の低湿地に造営された港湾遺跡であり、南北380m、東西300mで略四辺形の北を向いた蹄鉄状の城壁に囲まれる。三方に城門があったと考えられており、グーグルアースでも形状を確認することが出来る。

7~10世紀、ここから日本新羅との間の使節が行き来した海陸交通の中心城郭とみられている。

渤海の中心都市上京からクラスキノ遺跡まで日本との交易ルートの日本道が整備されていた。

現在、北西側から発掘が進んでおり、仏教寺院やオンドルの跡などが発見されている。

座標: 北緯42度41分32.6秒 東経130度45分34.0秒 / 北緯42.692389度 東経130.759444度 / 42.692389; 130.759444