引田虫麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

引田 虫麻呂(ひけた の むしまろ)は奈良時代貴族朝臣官位従五位下大工頭

経歴[編集]

初めて来朝した渤海使渤海に送り届けるため、神亀5年(728年)2月に送渤海客使に任ぜられる(この時の位階従六位下)。6月に他の使者とともに渡海の功労として昇叙されて正六位上となり、第一次遣渤海使の正使として渤海に向け出発する。天平2年(730年)8月に帰国し[1]、9月に聖武天皇に対して渤海からの進物を献上している[2]。天平3年(731年)に従五位下に叙せられ、主殿頭に任ぜられる。

天平10年(738年斎宮長官。天平12年(740年)聖武天皇の東国行幸に従って外従五位上に昇叙される。天平13年(741年摂津亮、天平15年(743年土佐守を経て、天平18年(746年)従五位下・大工頭に叙任されている。

官歴[編集]

続日本紀』による。

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』天平2年8月29日条
  2. ^ 『続日本紀』天平2年9月2日条

参考文献[編集]