平群広成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平群 広成(へぐり の ひろなり、生年不詳 - 天平勝宝5年1月28日753年3月11日))は、奈良時代貴族朝臣讃岐平群豊麻呂の子。官位従四位上武蔵守

遣唐使判官としてに渡るが、帰国の途中難船。はるか崑崙国(チャンパ王国。今のベトナム中部沿海地方)にまで漂流したが、無事日本へ帰りついた。古代の日本人のなかで最も広い世界を見たとされる人物である。

経歴[編集]

時代背景[編集]

神亀5年(728年)1月に日本海を渡って渤海の使節が初めて平城宮に入朝した[1]。使節は前年9月に蝦夷地に漂着し、大使・高仁義ら16名は蝦夷に襲われて死亡、首領・高斉徳ら8名が生き残って出羽国に助けを求めたものであった。彼らが提出した渤海郡王・大武芸の国書には、渤海を高句麗の再興であると宣言し、日本との友好善隣を求めていた[2]天智天皇7年(668年)に新羅連合軍に滅ぼされた高句麗の遺民が再び国を起こしたものであった。同年2月に引田虫麻呂が送渤海使に任命され[3]、6月ごろ高斉徳らを送るために渤海に向かった。天平2年(730年)引田虫麻呂は渤海王の進物や国書を携えて帰朝している[4]

遣唐使節任命と渡唐[編集]

天平4年(732年)8月に第10次遣唐使の派遣が決定される[5]。平群広成はこの時の遣唐使節の判官に任命された。遣唐大使には前回の大使・多治比県守の弟である多治比広成が任命された。当時、県守は中納言の要職にあり、山陰道節度使にも任命されている。副使には中臣名代が、他に広成を含む判官4名、録事(書記官)4名が任命された。9月になると近江丹波播磨備中などの諸国に遣唐使船4隻の建造が命じられている[6]。翌天平5年(733年)3月に大使・多治比広成はじめ使節団は拝朝し[7]、4月になって4隻の船に分乗して難波津を進発した[8]

途中の東シナ海で嵐に遭うも、4船全てが無事に蘇州の海岸に着岸した。当時、渤海は大武芸の弟大門芸亡命をめぐって唐と対立の末戦端を開いており、前年(732年)に渤海水軍が山東の登州を攻撃し、この開元21年(733年)には玄宗は大門芸を幽州に派遣して兵を集めさせ、新羅王にも渤海攻撃を命じたが、いずれも不調に終わっている。

冊府元亀』によれば、

「開元22年(734年)4月日本国遣使来朝、美嚢絁(みのうのあしぎぬ)二百匹、水織絁(みずおりのあしぎぬ)二百匹を献ず。」

とある。 一行は無事朝貢の役目を果たし、在唐の留学生や留学僧を集め、才能ある唐人などを日本に招いた。この時、前回養老元年(717年)の遣唐使で渡唐していた吉備真備玄昉は帰国に応じたが、阿倍仲麻呂科挙に合格して唐の官職に就任しており、帰国しなかった。

同年10月に一行は4隻の船に分乗、蘇州管内の港を出発して帰国の途に就いたが、東シナ海上で暴風雨に遭遇し、離れ離れとなった。大使・多治比広成の乗る第1船のみがかろうじて種子島に漂着した。副使・中臣名代の乗る第2船は福建方面に漂着し、長安に送り返された。『冊府玄亀』には開元23年(735年)3月日本国使来朝とある。735年閏11月に長安を発ち、副使一行は唐朝の援助で船を修理し、736年8月には奈良に帰着した。この一行は唐人の楽師ら3人、ペルシャ人1人[9]を伴っていた。

漂流[編集]

一方、平群広成の乗る第3船は潮の流れのままに南へと流された。第4船の行方は全く不明である。広成の船はようやく岸辺に流れ着いた。住民の肌の色は黒く、崑崙国と知れた[10]。この時、船には115人がいたという。

上陸すると直ちに武装した現地兵が襲来したが、武器も無い上に漂流で衰弱した身体では太刀打ちできず、崑崙兵と戦って死んだ者も、密林に逃げ込んだ者もいた。残りの90人あまりは捕らえられたが、ほとんどはマラリアで死亡し、生き残ったのは平群広成と水手3人だけだった。彼らは崑崙の都に連行され、崑崙王に拝謁して抑留・軟禁された。

開元23年(735年)になって唐の欽州(現在の中華人民共和国広西チワン族自治区欽州。トンキン湾に面する)在住の崑崙商人に助けられ、欽州へ脱出することができた。欽州には長安から派遣された刺史が駐在しており、広成らは官府の援助で長安に送還されている。広成一行が漂着した「崑崙」がチャンパ王国と断定される理由はいくつかあるが、特に欽州到着後、知らせを受けた唐の宰相・張九齢が起草した『勅日本国王書』(全唐文巻287)に

「広成等飄至林邑国」

と述べられている。林邑とはチャンパ王国の中国名である。なお、この勅書は中臣名代一行が日本に持ち帰り、平群広成生存の事実は日本でも知られていた。名代帰国後の天平9年(737年)9月に広成は在唐のまま正六位上から従五位下に昇叙されている。

帰国の道[編集]

長安では帰国せずに唐朝に仕えていた阿倍仲麻呂が帰国の方途を探った。新羅を経由して帰国するのが近道であったが、日本との関係上、このルートは取れなかった。やがて唐と和解した渤海の使節が長安に来るようになった。渤海と日本との関係は良好だったため、阿倍仲麻呂は広成らが渤海経由で帰国できるよう玄宗に上奏し、裁可された。

開元26年(738年)10月に広成ら遣唐使生き残りの一行は山東半島の登州から海路渤海入りした。この時、渤海では大武芸が没し、大欽茂即位したばかりであった。都はまだ上京龍泉府(現・中国黒竜江省牡丹江市)ではなく、東牟山(現・中国吉林省延辺朝鮮族自治州敦化市)にあった。渤海では新王即位を知らせる使者を日本に派遣する準備を進めており、広成には日本の使者が迎えに来るまで待てばどうかと勧めたが、広成はすぐにも帰国したいと申し出た。出航地の記載はない。渤海の遣日使節は2隻の船に分乗し、日本海を南下したが、途中1隻が大波を受けて転覆し、大使・胥要徳ら40余名が溺死した。別の船に乗船していた広成は渤海副使の将軍・已珎蒙らと共に天平11年(739年)7月出羽国に到着して6年ぶりに帰国する。副使らとともに10月になって平城京に入ると、11月に拝朝して経緯を報告し、翌12月には外従五位下から一挙に正五位上に昇叙された。

帰国後[編集]

留学生ではなく遣唐使の判官とはいえ、6年もの間諸外国を渡り歩いた平群広成は当時の日本では屈指の知識人であり、朝廷から重用されて昇進を重ねる。

天平15年(743年刑部大輔、天平16年(744年)東山道巡察使、天平18年(746年式部大輔次いで摂津大夫を歴任し、聖武朝末の天平19年(747年)従四位下に叙せられる。孝謙朝天平勝宝2年(750年)従四位上に至り、天平勝宝4年(752年)には武蔵守に任ぜられている。天平勝宝5年(753年)正月28日卒去。最終官位は武蔵守従四位上。

官歴[編集]

続日本紀』による。

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』神亀5年正月17日条
  2. ^ 『続日本紀』神亀4年9月21日,12月29日条
  3. ^ 『続日本紀』神亀5年2月16日条
  4. ^ 『続日本紀』天平2年8月29日条
  5. ^ 『続日本紀』天平4年8月17日条
  6. ^ 『続日本紀』天平4年9月4日条
  7. ^ 『続日本紀』天平5年3月21日条
  8. ^ 『続日本紀』天平4年4月3日条
  9. ^ 続日本紀』巻第十二 聖武天皇 天平八年(736年)。唐人は唐楽の専門家でのちに貴族となった皇甫東朝。唐の僧侶で日本から伝戒師を委嘱された道璿、のちに音博士となる唐出身の袁晋卿。ペルシャ人の李密翳(り・みつえい)は、松本清張歴史小説眩人』でも知られる人物で、2016年に出土した木簡にその名が確認された破斯清通との関連を推測する説がある。
  10. ^ 当時中国では肌の色の黒いマレー人などの住む南方諸国を崑崙と総称していた。

参考文献[編集]