李密翳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

李 密翳(り みつえい、生没年不詳[1])は、奈良時代の歴史書『続日本紀』に名前の見える波斯人(ペルシャ人)。

天平8年(736年)8月、帰国した遣唐副使中臣名代が、「唐人三人、波斯人一人」を連れて聖武天皇に面会した[2][3]。同年11月、名代ら遣唐使への叙位が行われた際に、ペルシャ人の李密翳や、唐人で唐楽の演奏家の皇甫東朝らにもそれぞれ位を授けられた[2][4]。李密翳についての『続日本紀』の記載はこれのみで、その後の消息は不明である。

中臣名代は天平6年(734年)に唐から帰国の途に就いた第10次遣唐使(大使は多治比広成)の副使である[5]。唐を発った帰国の船四隻は、東シナ海上で悪天候に遭い四隻は互いに離れ離れになってしまった。11月に大使・多治比広成の乗る第一船は種子島に無事漂着するが、名代や李密翳らの乗る第二船はに戻された。名代らは再度洛陽に入り、唐の援助を受けて船を修理。天平7年(735年)閏11月に洛陽を発ち、無事に帰国できた広成一行から大きく遅れて帰国した。なお、この第10次遣唐使の帰国には多くの外国人が同行しており、李密翳や皇甫東朝のほか、インド出身の僧侶菩提僊那、唐の僧侶で日本から伝戒師を委嘱された道璿林邑出身の僧侶で林邑楽を伝えた仏哲、のちに音博士となる唐出身の袁晋卿らが来日を果たしている[5]

『続日本紀』に登場するペルシャ人は彼のみである[1]。しかし、ほとんど記述がないことから、どのような人物であったかは不明である。森公章は『朝日日本歴史人物事典』において、技術の伝授に当たった工匠ではないかという見方を有力なものとして紹介している[1]。このほか、医師[1]、楽人[1]、幻術師[1]、商人[1]ゾロアスター教の司祭[1]といった説もある。李密翳の記述から想像をふくらませた作品として、松本清張歴史小説眩人』がある。

2016年に木簡の解読からその存在が明らかになった大学寮の官吏(765年時点)・破斯清通は、「破斯(波斯)」を名に持つことからペルシャとの関連が取りざたされている。奈良文化財研究所の渡辺晃宏は、「破斯清通は李密翳本人か、家族や従者だった可能性がある」[6]と述べている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 森公章. “李密翳”. 朝日日本歴史人物事典(コトバンク所収). 2016年10月8日閲覧。
  2. ^ a b 平城宮にペルシャ人の役人が働いていた!! 765年木簡が証明 「国際的知識で登用か」と専門家(1/2)産経新聞 2016年10月5日記事(2016年10月5日閲覧)
  3. ^ 『続日本紀』巻第十二 天平八年八月庚午条。「入唐副使從五位上中臣朝臣名代等、率唐人三人波斯人一人拜朝」。
  4. ^ 『続日本紀』巻第十二 天平八年十一月戊寅条。「詔授入唐副使從五位上中臣朝臣名代從四位下……、唐人皇甫東朝、波斯人李密翳等授位有差」
  5. ^ a b 矢野建一遣唐使と来日「唐人」-皇甫東朝を中心として-」、『専修大学東アジア世界史研究センタ一年報』第6巻、2012年3月2016年10月8日閲覧。
  6. ^ “平城宮にペルシャ人役人 - 名前記した木簡が出土/平城宮跡 8世紀中期”. 奈良新聞. (2016年10月5日). http://www.nara-np.co.jp/20161006085811.html 2016年10月8日閲覧。