大虔晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大 虔晃(だい けんこう)は渤海の第12代王。

大彝震の死後、王位を継いだ。日本との交流の中、大中13年(859年)に烏孝慎ら104名の使節を日本に派遣した際に『長慶宣明暦経』を伝えている。

先代:
大彝震
渤海の第12代王
857年 - 871年
次代:
大玄錫