高岳親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高丘親王
高岳親王塔遺蹟(清瀧寺

高岳親王(たかおかしんのう、延暦18年(799年) - 貞観7年(865年)?)は、平安時代初期の皇族・僧侶。法名は真如平城天皇の第三皇子。異母兄に阿保親王、甥に在原業平がいる。品位は四品。

経歴[編集]

大同4年(809年)に父・平城天皇が譲位して嵯峨天皇が即位すると皇太子に立てられるが、翌大同5年(810年)の薬子の変に伴い皇太子を廃される弘仁13年(822年)、四品に叙せられ名誉回復がなされるが、出家し真如と名乗った。奈良の宗叡・修円、また空海(弘法大師)の弟子として修行した。弘法大師の十大弟子の1人となり、高野山に親王院を開いた。阿闍梨の位をうけ、また『胎蔵次第』を著した。承和2年(835年)に空海が入定すると、高弟の1人として遺骸の埋葬に立ち会っている。

斉衡2年(855年)、地震により東大寺大仏の仏頭が落ちたとき、東大寺大仏司検校に任じられ修理を行う。老年になり入求法を志して朝廷に願い出、貞観3年(861年)に親王の一行23人は奈良より九州に入り、翌貞観4年(862年)に大宰府を出帆して明州(現在の寧波)に到着する。

貞観6年(864年)、長安に到着。在唐40年になる留学僧円載の手配により西明寺に迎えられる。しかし、当時の唐は武宗仏教弾圧政策(会昌の廃仏)の影響により仏教は衰退の極にあったことから、親王は長安で優れた師を得られなかった。このため天竺行きを決意。貞観7年(865年)、皇帝の勅許を得て従者3人とともに広州より海路天竺を目指し出発したが、その後の消息を絶った。16年後の元慶5年(881年)、在唐の留学僧・中瓘らの報告で親王は羅越国(マレー半島の南端と推定されている)で薨去したと伝えられている[1]の害に遭ったという説もある。現在、マレーシアジョホール・バル日本人墓地には、親王院が日本から御影石を運んだ親王の供養塔が建立されている。

系譜[編集]

伝記研究[編集]

文学作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本三代実録』元慶5年10月13日条

関連項目[編集]

外部リンク[編集]