阿保親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阿保親王
(あぼしんのう)
Abo Shinno.jpg
阿保親王・『前賢故実』より
続柄 平城天皇の第一皇子
身位 三品親王
一品
出生 延暦11年(792年
山城国
死去 承和9年10月22日842年12月1日
山城国
埋葬 承和9年(842年)10月
摂津国莵原郡精道村?
配偶者 伊都内親王桓武天皇皇女) ほか
子女 第 1王子:兼見王
第 2王子:在原仲平
第 3王子:在原行平
第 4王子:在原守平
第 5王子:在原業平
第 6王子:行慶
第 1王女:源弘
父親 平城天皇(第 51代天皇
母親 葛井藤子葛井道依の娘)
役職 上総大守
弾正尹
テンプレートを表示

阿保親王(あぼしんのう、延暦11年(792年) - 承和9年10月22日842年12月1日)は、平安時代初期の皇族平城天皇の第一皇子。

経歴[編集]

大同4年(809年)に四品に叙せられるが、翌弘仁元年(810年)に発生した薬子の変出家した父・平城上皇皇太子を廃された弟・高岳親王連座して大宰権帥左遷される。弘仁15年(824年)平城上皇の崩御後、叔父の嵯峨天皇によってようやく入京を許される。

天長3年(826年)子息の行平・業平等に在原朝臣姓を賜与され臣籍降下させている。翌天長4年(827年上総太守に任ぜられる。天長10年(833年仁明天皇即位後まもなく三品に叙せられると、仁明朝では上野太守治部卿兵部卿弾正尹等を歴任した。

承和9年(842年橘逸勢らから東宮恒貞親王の身上について策謀をもちかけられるが、阿保親王は与せずに逸勢の従姉妹でもあった皇太后橘嘉智子に密書にて報告し、判断を委ねた(承和の変)。今井源衛は、親王が早い段階で皇太后に報告したのには、円満な人として評判が高かった皇太后から従兄弟の橘逸勢に対して軽挙を止めるよう説得することを期待する意図もあったのではないかと推測している[1]

変の3ヶ月後の10月22日に急死。享年51。最終官位は弾正尹三品。葬儀にあたって、承和の変で反乱を未然に防いだ功績により、一品の品位を追贈されている[2]。死因は明らかでないが、目崎徳衛は阿保親王への一品贈与の宣命から、親王が変後全く参内しなかったこと、その死がきわめて急であったことが知られるとし、親王の死は自殺ではないにしても、少なくとも精神的にはそれに近かったのではないかと述べている[3]

人物[編集]

性格は謙譲で控え目であった。文武の才を兼ね備えており、腕力が強い一方で、絃歌(弦楽器を演奏しながら歌うこと)に優れていたという[2]

官歴[編集]

系譜[編集]

その他、大江音人を阿保親王の子とする説もある[9]

脚注[編集]

  1. ^ 「第一章 家系と生い立ち 承和の変」『王朝の歌人3 在原業平』集英社1985年
  2. ^ a b c 続日本後紀』承和9年10月22日条
  3. ^ 『平安文化史論』桜楓社1968年
  4. ^ 『続日本後紀』天長10年8月10日条
  5. ^ a b 『日本三代実録』元慶4年5月28日条
  6. ^ a b c d e 「在原氏系図」『続群書類従』巻第174所収
  7. ^ 『公卿補任』
  8. ^ 『尊卑分脈』
  9. ^ 本朝皇胤紹運録』『大日本史』氏族志

参考文献[編集]

外部リンク[編集]