今井源衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

今井 源衛(いまい げんえ、1919年2月16日 - 2004年8月12日)は、日本の国文学者。九州大学名誉教授、梅光女学院大学名誉教授。

三重県四日市市に生まれる。1943年第一高等学校卒業、1947年東京大学国文科卒業、大学院進学、高校教師を経て、1953年清泉女子大学助教授、1956年九大助教授、1971年「王朝文学の研究」で九州大学文学博士[1]、教授昇任。1978年文学部長、1982年定年退官、梅光女学院大学教授。1989年勲二等瑞宝章受章。

源氏物語』研究における一方の雄だが、日本古典のレズビアン物語とされる『我身にたどる姫君』の訳註を行ったり、論文「女の書く物語はレイプからはじまる」(『王朝の物語と漢詩文』収録)で、『源氏』などのセックスの多くは強姦であると論じて、三田村雅子らの反論を呼んだ、大胆さをもった研究者であった。

2003年より『今井源衛著作集』全14巻が刊行中。2007年までに10巻分が刊行された。

単著[編集]

  • 『源氏物語の研究』未來社 1962
  • 『紫式部』(人物叢書)吉川弘文館 1966
  • 花山院の生涯』桜楓社 1968
  • 『王朝文学の研究』角川書店 1970
  • 『紫林照径 源氏物語の新研究』角川書店 1979
  • 『国文学やぶにらみ』和泉書院 1981
  • 『王朝の歌人3 在原業平集英社 1985
  • 『王朝末期物語論』桜楓社 1986
  • 『源氏物語の思念』笠間書院 1987
  • 『王朝の物語と漢詩文』笠間書院 1990
  • 『源氏物語への招待』小学館 1992、同ライブラリー 1997
  • 『紫林残照 続国文学やぶにらみ』笠間書院 1993
  • 今井源衛著作集』全14巻(未完)笠間書院 2003~ 

校注・訳註[編集]

参考[編集]

  • コトバンク
  • 今井源衛教授略歴 (今井源衛教授退官記念特輯) 「文学研究」1983-02

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース