落胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

落胤(らくいん)とは父親に認知されない庶子、私生児のこと。歴史上では高貴な人物の出自でそれが話題になることが多い。落とし胤(だね)[1]落とし子とも。正式な血統の一族とはみなされないので、正当な系図には記載されていないことが多い。

このような子は一般民衆に混じって生活している。当時の実力者によって、正当な血統を継承する者とされて権力に利用されることがあるが、歴史の表舞台に出てくる人物の多くがそのような確証に乏しく(さらには天一坊改行のように落胤を自称した例もある)、研究上疑問視されている例が多数みられる。

歴史上に登場した落胤といわれている人物[編集]

落胤説のある人物 人物概要 一般的に父親とされている人物  一説に父親とされる人物 備考
藤原不比等 飛鳥時代・奈良時代公卿 藤原鎌足 天智天皇[2]
道鏡 奈良時代 志貴皇子[3]
大江音人 平安時代初期の貴族学者 大枝本主 阿保親王[4]
空也 平安時代中期の僧 醍醐天皇[5]
藤原頼成 平安時代の貴族 具平親王 具平親王と雑仕女の大顔との間の子で、大顔の死後に親王家の家司藤原為頼の息子の伊祐(紫式部の従兄弟)の養子として育てられた。遍照寺に月見に出かけた際に大顔が頓死した出来事は『源氏物語』の光源氏と夕顔のエピソードのモデルと言われている。
高階為行 平安時代の貴族  後冷泉天皇 後冷泉天皇と菅原増守女の子であり、天皇の乳母子の高階為家の養子として育つ。
藤原有佐 平安時代の貴族 後三条天皇 後三条天皇と掌侍の平親子との間の子であり、禎子内親王の乳母子の藤原顕綱の養子として育つ。『今鏡』によると後三条天皇に似ていたという[6]
平清盛 平安時代末期の武将 平忠盛 白河法皇[7] 『平家物語』では白河法皇と祇園女御の子とされているが、清盛存命時の公卿の日記などにはそのような描写は見られず、信憑性は疑問。
崇徳天皇 第75代天皇 鳥羽天皇 白河法皇[8] 表向きは父親である鳥羽天皇からは「叔父子」と呼ばれていたという説がある。
八田知家 平安時代末期の武将 八田宗綱 源義朝 朝家と名乗った説があるが、真偽のほどは不明である。
島津忠久 島津氏の祖 惟宗忠康 源頼朝[9]
大友能直 大友氏の祖 近藤能成 源頼朝[10]
結城朝光 結城氏の祖 小山政光 源頼朝[11]
足利直冬 南北朝時代の武将 足利尊氏 尊氏に実子と認知されず、足利直義養子となった。
岩松満純 室町時代中期の武将 新田義宗[12]
足利義尚 室町幕府第9代将軍 足利義政 後土御門天皇 応仁の乱当時、天皇は将軍御所へ避難するために同居しており、足利義政と不仲だった日野富子との関係が噂されたことによる。
一休宗純 室町時代後期の僧 後小松天皇[13]
小田政治 室町時代後期の武将 足利政知 別名政氏と伝わる。
浅井重政 浅井氏の祖 正親町三条公綱
細川藤孝 戦国時代の武将 三淵晴員 足利義晴[14]
二宮就辰 戦国時代の武将 二宮春久 毛利元就[15]
井上元勝 戦国時代の武将 井上就勝 毛利元就[16] 元就の妾が井上就勝に嫁ぎ、程無く生まれたのが元勝であったとしている。
斎藤義龍 戦国時代の武将 斎藤道三 土岐頼芸[17] 信憑性は乏しく、江戸時代以降の創作ともされる。当時においても義龍の父親は道三だと認めている書状(六角義賢が永禄3年(1560年)、家臣に宛てた書状『六角承禎条書』)が存在する。
大谷吉継 戦国時代の武将 大谷吉房 豊臣秀吉 秀吉と側室東殿との子とされる[18]
東嶽 江戸時代前期の僧 北畠具教
淀殿 戦国時代の女性 浅井長政 織田信長[19]
松花堂昭乗 江戸時代前期の僧 豊臣秀次
求厭 江戸時代前期の僧 豊臣秀頼 秀頼の第二子であると、本人が臨終の際に告白したとされる。
天草四郎 江戸時代のキリシタン 益田好次 豊臣秀頼[20]
鈴木一蔵 戦国時代の人物 徳川家康
永見貞愛 安土桃山時代から江戸時代の人物 徳川家康 結城秀康の双子の兄弟との説がある[21]
土井利勝 江戸時代の大名老中大老 水野信元 徳川家康[22]
松平康重 江戸時代の大名 松平康親 徳川家康[23]
井伊直孝 江戸時代の大名 井伊直政 徳川家康[24]
松平民部 江戸時代の武将 徳川家康[25]
小笠原権之丞 江戸時代の武将 徳川家康[25]
2代目後藤庄三郎(広世) 江戸時代の御金改役 初代後藤庄三郎 徳川家康[26]
保科正之 江戸時代の大名、会津藩初代藩主 徳川秀忠 後に認知され松平姓を名乗ることを許された(実際に改めたのは3代目正容から)。
柳沢吉里 江戸時代の大名 柳沢吉保 徳川綱吉[27]
天一坊改行 江戸時代の人物 徳川吉宗 吉宗の落胤であると称したが、吉宗の命によって獄門にされた。
藤堂平助 幕末新選組隊士 藤堂秉之丞 藤堂高猷[28]
松崎万長 明治建築家 堤哲長 孝明天皇 遺詔により特に一家を立てて堂上に列した。

現代[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大辞林 第三版 三省堂
  2. ^ 『興福寺縁起』、『大鏡』、『公卿補任』、『尊卑分脈
  3. ^ 七大寺年表』『本朝皇胤紹運録』『僧綱補任』『公卿補任
  4. ^ 大日本史』氏族志、『本朝皇胤紹運録』
  5. ^ 寺史 - 六波羅蜜寺では「第二皇子」とされる
  6. ^ 今鏡』137段
  7. ^ 平家物語
  8. ^ 古事談
  9. ^ 『島津国史』、『島津氏正統系図』
  10. ^ 『大友記』
  11. ^ 『朝光公記』
  12. ^ 系図纂要
  13. ^ 東坊城和長『和長卿記』明応3年8月1日(1494年8月31日)条
  14. ^ 『細川家記』
  15. ^ 萩藩閥閲録』巻64「二宮太郎右衛門」
  16. ^ 『萩藩閥閲録』巻38「井上六郎右衛門」家譜
  17. ^ 『美濃国諸旧記』巻之2(p.33-64)
  18. ^ テレビ番組「決着!歴史ミステリー」にて採り上げられた([1]
  19. ^ テレビ番組「超歴史ミステリーロマン4 女たちの戦国」にて採り上げられた([2]
  20. ^ 『耶蘇天誅記』
  21. ^ 『柳営婦女伝系』(『徳川諸家系譜』第1巻 続群書類従完成会)の長勝院(小督局)の項に結城秀康が双子であったと記されており、また、高野山にある小督局の墓には永見貞愛の名も刻まれている(秋元茂陽 『徳川将軍家墓碑総覧』星雲社2008年
  22. ^ 徳川実紀
  23. ^ 清水昇川口素生『徳川一族 時代を創った華麗なる血族』(新紀元社、2008年)
  24. ^ 国宝・彦根城築城400年祭 列伝井伊家十四代 第6回 鬼を継ぐ夜叉~井伊直孝 其の壱~
  25. ^ a b 『幕府祚胤伝』(『徳川諸家系譜』第2巻、続群書類従完成会)
  26. ^ 『後藤庄三郎由緒書』
  27. ^ 『三王外記』
  28. ^ 永倉新八『同志連名記』等に「藤堂和泉守落胤」との記載あり
  29. ^ a b 「日本」の本質を「皇后」から読み解く関川夏央、講談社『群像』
  30. ^ 「『明治天皇の御落胤』が初めて明かす」玉川信明編『エロスを介して眺めた天皇は夢まぼろしの華である―御落胤と偽天皇』(社会評論社、1990年、42~55頁)
  31. ^ 『入江相政日記』第3巻、入江相政、朝日新聞社, 1990、p282

関連項目[編集]