草壁皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
草壁皇子
出生 天智天皇元年(662年
死去 持統天皇3年4月13日689年5月7日
配偶者 元明天皇
子女 元正天皇
文武天皇
吉備内親王
父親 天武天皇
母親 持統天皇
テンプレートを表示

草壁皇子(くさかべのみこ(おうじ)、天智天皇元年(662年) - 持統天皇3年4月13日689年5月7日)は、飛鳥時代の皇族。天武天皇と皇后・鸕野讃良皇女(後の持統天皇)の皇子。妃は天智天皇の皇女で持統天皇の異母妹である阿陪皇女(後の元明天皇)。元正天皇吉備内親王文武天皇の父。諡号は岡宮御宇天皇(おかのみやにあめのしたしろしめししすめらみこと、おかのみやぎょうてんのう)。岡宮天皇長岡天皇とも称される。

天皇系図38~50代

生涯[編集]

天智天皇元年(662年)に誕生。天武天皇元年(672年)、壬申の乱が勃発すると大津皇子ら他の兄弟達と共に両親に同伴する。天武天皇2年(673年)、2月27日に飛鳥浄御原宮で天武天皇が即位。

天武天皇8年(679年)には吉野の盟約で事実上の後継者となり、天武天皇10年(681年)、2月に立太子。おそらく、母の鸕野讃良皇后の身分の高さと、既に彼女の姉の大田皇女が死去している事から、大田皇女の息子である大津皇子を押さえ皇太子になったものと思われる。

朱鳥元年(686年)7月には重態に陥った天武天皇から母と共に大権を委任され、9月には天武天皇が崩御する。翌月には謀反の罪で大津皇子が処刑される。だが、鸕野讃良皇后は皇子を直ちに即位させる事はしなかった。皇子の若さと大津皇子処刑に対する宮廷内の反感が皇子の即位の障害となったものと思われる。

なお、少数説であるが、草壁皇子の立太子そのものを軽皇子(文武天皇)の即位を正当化するために後世作為されたもので、鸕野讃良皇后が草壁皇子に天武天皇の殯宮の喪主を務めさせることで、初めてその後継者であることを内外に明らかにしたとする説もある[1](なお、天武天皇の殯の終了は持統天皇2年(688年)11月のことである)。

皇位に就くことなく持統天皇3年(689年)4月13日薨去淳仁天皇即位後の天平宝字2年(758年)に岡宮御宇天皇の称号が贈られた。『万葉集』に石川郎女に贈った歌が一首残されている[2]。陵は、奈良県高市郡高取町の眞弓丘陵である。

血縁[編集]

早世した草壁皇子だが、両親・妻・息子・娘と近親者(さらに次女・吉備内親王の夫、長屋王も実際は特例として親王待遇を受け、皇位継承権があったとの説が指摘されている)の殆どが皇位につき、彼の子孫達は天武系の嫡流として奈良時代における文化・政治の担い手となった。しかし、男系は744年(天平16年)の曾孫・安積親王の早世(藤原仲麻呂による暗殺説あり)で途絶えてしまった。

女系については、曾孫の不破内親王塩焼王(草壁皇子の甥)との間に生まれた氷上川継(草壁皇子の玄孫)も、天智系の桓武天皇が即位した直後に謀反の疑いを受け、弟の志計志麻呂とともに流刑となった(氷上川継の乱)。その後、桓武天皇崩御後に許され帰京したが、伊豆守に任じられた812年弘仁3年)を最後に消息が途絶える事となる。

不破内親王の姉の井上内親王と白壁(後の光仁天皇)との間の子である他戸親王が、伯母の称徳天皇が崩御したことに伴い、父王が即位した時に天智・天武皇統融合の象徴として立太子された。しかしながら、他戸親王の立太子に反対していた藤原式家藤原良継百川兄弟の陰謀に遭い、光仁天皇への呪詛のかどで井上内親王と共に廃され、天皇の同母姉である難波内親王を呪詛し殺害したという嫌疑も掛かり母と共に庶人に落とされ、その後、同日に変死した。他戸親王の姉の酒人内親王は桓武天皇の妃となり、朝原内親王平城天皇の妃)を儲けたが、彼女は子を成さなかったのでここで断絶した。

臣籍降下した中では承和11年(844年)に玄孫の峯緒王(吉備内親王の曾孫)が高階真人姓を与えられて臣籍降下し、高階氏の祖となった。

系図[編集]

 
古人大兄皇子
 
倭姫王
(天智天皇后)
 
 
 
 
 
(38)天智天皇
(中大兄皇子)
 
(41)持統天皇
(天武天皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(43)元明天皇
(草壁皇子妃)
 
 
 
間人皇女
(孝徳天皇后)
 
 
(39)弘文天皇
(大友皇子)
 
葛野王
 
池辺王
 
淡海三船
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
志貴皇子
(春日宮天皇)
 
(49)光仁天皇
 
(50)桓武天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
早良親王
(崇道天皇)
 
 
 
(40)天武天皇
(大海人皇子)
 
高市皇子
 
長屋王
 
桑田王
 
磯部王
 
石見王
 
高階峰緒
高階氏へ〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
草壁皇子
(岡宮天皇)
 
(44)元正天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大津皇子
 
 
(42)文武天皇
 
(45)聖武天皇
 
(46)孝謙天皇
(48)称徳天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忍壁皇子
 
 
吉備内親王
 
 
 
 
 
 
井上内親王
(光仁天皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長親王
 
智努王
文室浄三
 
大原王
 
文室綿麻呂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
御原王
 
小倉王
 
(清原)夏野
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
舎人親王
(崇道尽敬皇帝)
 
 
(47)淳仁天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貞代王
 
(清原)有雄
清原氏へ〕
 
 
 
 
 
 
 
 
新田部親王
 
塩焼王
 
(氷上)川継
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
道祖王
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蘇我堅塩媛
 
29欽明天皇
 
石姫皇女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
33推古天皇
 
30敏達天皇
 
広姫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大俣女王
 
押坂彦人
大兄皇子
 
糠手姫皇女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉備姫王
 
茅渟王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
35皇極天皇
37斉明天皇
 
 
 
34舒明天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蘇我遠智娘
 
38天智天皇
 
蘇我姪娘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
40天武天皇
 
 
41持統天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
49代以降
 
 
草壁皇子
 
 
 
 
43元明天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
44元正天皇
 
藤原宮子
 
42文武天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光明皇后
 
45聖武天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
46孝謙天皇
48称徳天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ 本間満「草壁皇子の元服立太子について」(初出:『昭和薬科大学紀要』33号(1999年)・所収:本間『日本古代皇太子制度の研究』(雄山閣、2014年) ISBN 978-4-639-02294-7
  2. ^ 「あしひきの山のしづくに妹待つと吾立ぬれぬ山のしづくに」(第2巻107)

関連項目[編集]