道祖王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

道祖王(ふなどおう、生年不詳 - 天平勝宝9歳7月4日757年7月24日))は、奈良時代皇族天武天皇の孫で、一品新田部親王の子。孝謙天皇皇太子(のち廃太子)。

経歴[編集]

天平9年(737年藤原四兄弟の相次ぐ死去に伴って、9月に朝廷の新体制構築に向けた叙位任官が行われた際、無位から従四位下直叙され、翌天平10年(738年散位頭に任じられる。天平12年(740年)従四位上に昇叙され、のち中務卿を務めた。

天平勝宝8歳(756年)5月に聖武上皇は死に臨んで、道祖王を孝謙天皇皇太子に立てることを遺詔した。しかし翌天平勝宝9歳(757年)3月になって孝謙天皇は群臣を招集し、聖武上皇の服喪中にもかかわらず淫らで勝手気ままな気持ちがあり、教え戒めるにも悔い改めることがなかったことを理由として、道祖王の皇太子を廃することの是非を問うた。これに対して右大臣藤原豊成を始めとする群臣は一致して反対しないことを奏したため、道祖王は立太子後1年も経たないうちに皇太子を廃されてしまった。

同年4月には新しい皇太子に大炊王(のちの淳仁天皇)が立てられたが、この際に孝謙天皇は勅して以下の理由を挙げて、道祖王の廃太子を正当化している[1]

  • 先帝(聖武)の喪中であるにもかかわらず侍童と姦淫をなし、先帝への服喪の礼を失した。
  • 宮中の機密を巷間に漏らした。
  • 孝謙天皇がたびたび戒めても、悔い改めず、むしろ婦人の言うことを好んで取り上げるなど、態度が改まらなかった。
  • 夜中に勝手に東宮を脱けだして私邸に戻ったりした。
  • 自ら「自分は愚か者で皇太子の重責には耐えられない」と述べた。

同年7月に橘奈良麻呂の乱が発覚すると、奈良麻呂らが天皇に擁立しようと画策していた候補者の中に、塩焼王安宿王黄文王とともに道祖王の名もあったため[2]、朝廷の兵士に右京の邸宅を包囲され捕縛された[3]。道祖王は麻度比(まどひ=惑い者の意)と改名させられた上、同時に捕縛された黄文王・大伴古麻呂多治比犢養賀茂角足らと共にで激しく殴打される拷問を受けて獄死した[2]

官歴[編集]

続日本紀』による。

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』天平勝宝9歳3月29日条
  2. ^ a b 『続日本紀』天平勝宝9歳7月4日条
  3. ^ 『続日本紀』天平勝宝9歳7月2日条

参考文献[編集]