広姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
息長御陵

広姫(ひろひめ、生年不明 - 敏達天皇4年11月)は、飛鳥時代皇族。『古事記』は「比呂比売命(ひろひめのみこと)」と記す。息長真手王で、母は未詳。姉に麻績郎女継体天皇の妃)がいるとされる。敏達天皇に嫁いで、押坂彦人大兄皇子[1]逆登皇女(さかのぼりのひめみこ)、菟道皇女(うじのひめみこ)の1皇子2皇女を生む。敏達天皇4年1月9日(575年2月4日)に立后されて大后となるが、同年11月(575年12月20日から576年1月18日まで)に崩御した[2]

広姫の御陵近江国坂田郡(現滋賀県米原市)にある息長陵とされ、宮内庁の管理下にある。

脚注[編集]

  1. ^ 舒明天皇茅渟王の父。
  2. ^ ちなみに、崩御後は額田部皇女(後の推古天皇)が立后されている。