石姫皇女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石姫皇女(いしひめのひめみこ/いしひめのおうじょ[1]生没年不詳)は、欽明天皇皇后。『古事記』には石比売命(いしひめのみこと)とある。父は宣化天皇、母は橘仲皇女仁賢天皇皇女)。敏達天皇の母。

同母妹の小石姫皇女(記のみ)・倉稚綾姫皇女・日影皇女(以上のみ)と共に欽明天皇のとなった。欽明天皇元年1月15日(540年2月8日)に欽明天皇の皇后に立てられた。敏達天皇元年4月3日(572年4月30日)、息子敏達天皇の即位と同日に皇太后に立てられた。

系譜[編集]

[編集]

(みささぎ)は、宮内庁により大阪府南河内郡太子町大字太子にある磯長原陵(しながのはらのみささぎ)に治定されている。子の敏達天皇との合葬陵で、宮内庁上の形式は前方後円。遺跡名は「太子西山古墳」で、墳丘長113メートルの前方後円墳である。

石姫皇女の崩御年は不明であるが、『日本書紀』では崇峻天皇4年(591年?)4月に石姫皇女の墓に敏達天皇が追葬されたとし、その陵号を「磯長陵」とする[2]。『延喜式諸陵寮では石姫皇女墓は遠墓の「磯長原墓」として記載され、河内国石川郡敏達天皇陵内の所在で、守戸3烟を毎年あてるとする[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]