藤原沢子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

藤原 沢子(ふじわら の たくし/さわこ、生年不詳 - 承和6年6月30日839年8月12日))は、藤原総継藤原数子の娘で仁明天皇女御光孝天皇の生母。姉妹の乙春藤原長良室となり、基経および高子を産む。

生涯[編集]

仁明天皇即位前からので、夫が即位すると天長10年(833年)に女御になった。仁明天皇の寵愛は深く、天長5年(828年)に宗康親王、天長7年(830年)に時康親王(後の光孝天皇)、天長8年(831年)に人康親王を出産した。また新子内親王をもうけている。従四位下。承和6年(839年)4月、宮中でにわかに病となり、危篤となり車で里第に運ばれるも、そのまま6月30日に薨去。同年、従三位を追贈された。

元慶8年(884年)に所生の時康親王が光孝天皇として即位すると、同年に皇太后を追贈された。

御陵は、中尾陵(京都市東山区今熊野宝蔵町)。

参考文献[編集]

  • 『日本女性人名辞典』日本図書センター
  • 安田政彦『平安時代皇親の研究』吉川弘文館、1998年