橘仲皇女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橘仲皇女(たちばなのなかつひめみこ、生没年不詳)は、宣化天皇皇后古事記には橘之中比売命(たちばなのなかつひめのみこと)とある。父は仁賢天皇、母は春日大娘皇女雄略天皇皇女)。石姫皇女欽明天皇の皇后、敏達天皇の母)の母。

宣化天皇元年3月8日535年4月25日)に宣化天皇の皇后に立后された。崩御後、宣化天皇に合葬された。天皇と合葬された皇后は、他には天武天皇の皇后である持統天皇だけである。

系譜[編集]

  • 父:仁賢天皇
  • 母:春日大娘皇女
  • 同母兄弟:高橋大娘皇女・朝嬬皇女・手白香皇女・樟氷皇女・武烈天皇・真稚皇女
  • 夫:宣化天皇
    • 子:石姫皇女・小石姫皇女・倉稚綾姫皇女・日影皇女・上殖葉皇子・某(夭逝、男女不明)