忍坂大中姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
忍坂大中姫関係系図

忍坂大中姫(おしさかのおおなかつひめ)は第19代允恭天皇皇后であり、木梨軽皇子(允恭天皇の皇太子)・第20代安康天皇・第21代雄略天皇の母。父は稚野毛二派皇子応神天皇皇子)。母は弟日売真若比売命日本武尊の曾孫)。意富富杼王継体天皇の曾祖父)の同母妹。

日本書紀允恭紀に、允恭天皇2年春2月14日(413年3月31日)立后され、名代部として刑部(おっさかべ)が設定されたとある。このとき設定された名代部の一つが火葦北国(ひのあしきたのくに。熊本県八代・葦北地方)であるとする説がある。当地から阿蘇ピンク石という石材が産出しており、河内平野の古墳の石棺にこの石材が用いられていることから、何らかの関係があるとする見方もある。

允恭天皇42年12月14日(454年1月28日)、安康天皇の即位と同日に皇太后となった。

系譜[編集]

  • 父:稚野毛二派皇子
  • 母:弟日売真若比売命
  • 同母兄:意富富杼王
  • 同母妹:衣通姫
  • 夫:允恭天皇

参考史料[編集]