播磨稲日大郎姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
播磨稲日大郎姫
第12代天皇后

誕生 不明
崩御 景行天皇52年5月4日
氏族 吉備臣/丸部臣
父親 若建吉備津日子/比古汝茅
配偶者 景行天皇
子女 櫛角別王
大碓命
小碓命
倭根子命
神櫛王
テンプレートを表示

播磨稲日大郎姫(はりまのいなびのおおいらつめ、生年不詳 - 景行天皇52年5月4日)は、第12代景行天皇皇后日本武尊(ヤマトタケル)の母。針間之伊那毘能大郎女・印南別嬢とも。

記録[編集]

古事記[編集]

針間之伊那毘能大郎女」または「伊那毘能大郎女」と表記される。吉備臣らの祖の若建吉備津日子孝霊天皇の皇子)の女で、櫛角別王(くしつのわけのみこ)・大碓命(おおうすのみこと)・小碓命・倭根子命(やまとねこ)・神櫛王(かむくしのみこ)らの母親とされる。また、妹として伊那毘能若郎女(いなびのわかいらつめ)が記され、同じく景行天皇のであったという。

日本書紀[編集]

播磨稲日大郎姫」と表記され、景行天皇2年3月3日に皇后に立てられた。大碓皇子(おおうすのみこ)・小碓尊(日本武尊)の母とされるが、この他に稚倭根子皇子(わかやまとねこ)の母とする説も注している。また、稲日大郎姫の名の異説として「稲日稚郎姫」を挙げており、これは『古事記』で妹とされた伊那毘能若郎女に通じる。なお、景行天皇52年条に薨去記事がある。

播磨国風土記[編集]

記紀のイナビノオオイラツメは、『播磨国風土記』の賀古郡印南郡条に登場する「印南別嬢」(いなみのわきいらつめ)と同一人と考えられる。「ワキイラツメ」の名は、『古事記』で妹とされ、『日本書紀』で別名とされた「ワカイラツメ」の名に通じる。風土記によれば、印南別嬢の父は丸部臣(わにべのおみ)の祖・比古汝茅(ひこなむち、彦汝命か)、母は吉備比売(きびひめ)である。景行天皇は印南別嬢を妻問いに播磨へと出向いた。別嬢は身を隠したが、天皇に探し当てられ、2人は城宮(加古川町木村?)で結ばれた。年経て没した後は日岡に墓を造ったが、遺骸を運ぶときに川の中に沈んでしまい、櫛箱と比礼(薄い肩掛け)のみを埋葬したという。しかし彦汝命は成務天皇と同世代であり、印南別嬢の父とする系譜関係は疑問が大きい。

[編集]

播磨稲日大郎姫命 日岡陵
兵庫県加古川市

(みささぎ)は、宮内庁により兵庫県加古川市加古川町大野にある日岡陵(ひのおかのみささぎ)に治定されている。宮内庁上の形式は前方後円。遺跡名は「日岡陵古墳」で、墳丘長約80メートルの前方後円墳である。