欝色謎命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
欝色謎命
第8代天皇后
皇后 孝元天皇7年2月2日
皇太后 開化天皇元年1月4日

父親 大矢口宿禰命
母親 坂戸由良都姫
配偶者 孝元天皇
子女 大彦命
開化天皇
異表記 内色許売命(古事記)
テンプレートを表示

欝色謎命(うつしこめのみこと、生没年不詳)は、孝元天皇皇后[1]古事記には内色許売命(読み方同じ)とある。先代旧事本紀によると、父は大矢口宿禰命(大水口宿禰命とも)で、母は坂戸由良都姫命。同母兄に欝色雄命穂積氏祖)がいる。大綜麻杵命伊香色雄命伊香色謎命の父)の同母姉(妹)。大彦命・開化天皇の母。

孝元天皇7年2月2日、皇后に立てられた。開化天皇元年1月4日、皇太后となった。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NII - 欝色謎命
  2. ^ 穂積氏の略系譜には、父は出石心大臣命とある。また、坂戸由良都姫命は三上氏家系図にも輿石氏家系図にも、出石心大臣命の妻とある。
  3. ^ 御上祝家系図(三上氏)(コマ番号84-97)/諸系譜. 第28冊 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  4. ^ 天津彦根命庶流 三枝部造 甲斐野呂氏後裔 輿石氏家系図(コマ番号84-92) /諸系譜. 第6冊 - 国立国会図書館デジタルコレクション