洞院佶子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

洞院 佶子(とういん きつし、藤原 佶子(ふじわら の きつし)、寛元3年(1245年) - 文永9年8月9日1272年9月2日))は、鎌倉時代の女性。亀山天皇皇后で、後宇多天皇の生母。女院号は京極院(きょうごくいん)。

系譜[編集]

左大臣洞院実雄の女。生母は法印徳大寺公審の娘・栄子。異母妹に伏見天皇生母の洞院愔子(玄輝門院)、花園天皇生母の洞院季子(顕親門院)がいる。

略歴[編集]

増鏡』によると佶子は大変容姿が優れており、同母兄の権中納言公宗に恋慕されるほどであったという。文応元年(1260年)11月、大嘗祭の際に亀山天皇の女御代を務め、翌12月に入内。女御宣下を受ける。

翌文応2年2月(1261年3月)、中宮に冊立される。半年後の弘長元年8月(1261年9月)、女御西園寺嬉子が立后されるのを受け、皇后となる。嬉子はこのときまだ10歳と幼く、天皇の寵愛も薄かったと言われているのに対し、佶子は天皇より4歳年上であるにもかかわらず寵愛が深く、この後、天皇との間には二男一女を儲ける。

しかし、文永9年8月9日(1272年9月2日)、佶子は28歳で崩御。同日院号宣下を受け、京極院と称された。陵所は京都市右京区蓮華峯寺陵。のちに佶子所生の後宇多天皇も同所に葬られた。

所生の皇子女[編集]