日葉酢媛命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日葉酢媛命(ひばすひめのみこと、生年不詳 - 垂仁天皇32年7月6日)は垂仁天皇皇后である。「日葉酢媛」は『日本書紀』での記述であるが、同書は「日葉酢根命」、「日葉洲媛命」にも作り、また『古事記』は「氷羽州比売命」、「比婆須比売命」に作る。父は丹波道主王、母は丹波之河上之麻須郎女。垂仁天皇との間に景行天皇のほか2皇子・2皇女を産む。

『日本書紀』によれば、垂仁天皇の皇后狭穂姫命が同天皇5年にじた後、その遺志により同15年2月甲子(10日)に丹波(後の丹後国を含む広義の丹波国)から後宮に迎えられ、同年8月壬午(1日)に立后、同32年7月己卯(6日)に薨じたとされる。またその葬儀に際しては、それまで行われていた殉死を悪習と嘆じていた天皇が群卿に葬儀の方法を問うと、野見宿禰が生きた人間の代わりに埴輪を埋納するように進言したため、その陵墓に初めて人や馬に見立てた埴輪が埋納され、以後も踏襲されるようになったという[1]

[編集]

日葉酢媛命の陵(みささぎ)は、宮内庁により奈良県奈良市山陵町にある狹木之寺間陵(さきのてらまのみささぎ、位置)に治定されている[2][3]。公式形式は前方後円。考古学名は「佐紀陵山古墳」(前方後円墳、墳丘長207メートル)。

中世にはその所在を失ったが、明治8年に治定を見て、修治を加えられたものである。

脚注[編集]

  1. ^ ちなみに「を垂れる」という意味の「垂仁」という漢風諡号はこの故事に因むものである。
  2. ^ 宮内省諸陵寮編『陵墓要覧』(1934年、国立国会図書館デジタルコレクション)9コマ。
  3. ^ 『陵墓地形図集成 縮小版』 宮内庁書陵部陵墓課編、学生社、2014年、p. 401。