紀橡姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

紀 橡姫(き の とちひめ、生年不詳 - 和銅2年9月14日709年10月21日[1])?[2])は、飛鳥時代女性紀諸人の娘で、志貴皇子(施基親王)の光仁天皇の生母。贈皇太后

略歴[編集]

志貴皇子(施基親王)との間に、難波女王(のち難波内親王)、白壁王(のち光仁天皇)を産んだ。

宝亀元年(770年)に所生の白壁王が光仁天皇として即位するが、すでに母の橡姫は没しており、即位の翌年の宝亀2年(771年)12月、皇太后追贈された。

脚注[編集]

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus「紀橡姫」
  2. ^ 所生の光仁天皇の生年月日が和銅2年10月13日(709年11月18日)と伝わっているため、どちらかが間違いとなる。

参考文献[編集]

  • 芳賀登他監修 『日本女性人名辞典』 日本図書センター、1993年。
  • デジタル版 日本人名大辞典+Plus『紀橡姫』 - コトバンク