世襲足媛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世襲足媛
第5代天皇后
皇后 孝昭天皇29年1月3日
皇太后 孝安天皇元年8月1日

氏族 尾張氏
父親 天忍男命
配偶者 孝昭天皇
子女 天足彦国押人命
孝安天皇
異表記 余曽多本毘売命(古事記)、世襲足姫命(先代旧事本紀)
テンプレートを表示

世襲足媛(よそたらしひめ)は、欠史八代孝昭天皇皇后孝安天皇天足彦国押人命の生母。

概要[編集]

古事記』では尾張連の祖・奥津余曾の妹である余曾多本毘売命(よそたもとびめのみこと)、『日本書紀』本文では尾張連の祖・瀛津世襲の妹である世襲足媛と表記される。

なお孝昭天皇の皇后として『日本書紀』第1の一書では磯城県主葉江の娘である渟名城津媛、第2の一書では倭國豊秋狭太媛の娘である大井媛となっている。

天皇略系図(初代 - 第10代) SVGで表示(対応ブラウザのみ)

関連史料[編集]