欠史八代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
天皇系図 初代 - 10代

欠史八代(けっしはちだい、かつては闕史八代または缺史八代とも書いた)とは、『古事記』・『日本書紀』において系譜(帝紀)は存在するがその事績(旧辞)が記されない第2代綏靖天皇から第9代開化天皇までの8人の天皇のこと、あるいはその時代を指す。

欠史八代の天皇[編集]

  1. 綏靖天皇 - 神渟名川耳天皇(かむぬなかわみみのすめらみこと)
  2. 安寧天皇 - 磯城津彦玉手看天皇(しきつひこたまてみのすめらみこと)
  3. 懿徳天皇 - 大日本彦耜友天皇(おおやまとひこすきとものすめらみこと)
  4. 孝昭天皇 - 観松彦香殖稲天皇(みまつひこかえしねのすめらみこと)
  5. 孝安天皇 - 日本足彦国押人天皇(やまとたらしひこくにおしひとのすめらみこと)
  6. 孝霊天皇 - 大日本根子彦太瓊天皇(おおやまとねこひこふとにのすめらみこと)
  7. 孝元天皇 - 大日本根子彦国牽天皇(おおやまとねこひこくにくるのすめらみこと)
  8. 開化天皇 - 稚日本根子彦大日日天皇(わかやまとねこひこおおびびのすめらみこと)

非実在説[編集]

欠史八代の天皇を非実在と考える代表的な根拠は以下の通り。

これらの八代の天皇は古代中国の革命思想である辛酉革命に合わせることで、皇室の起源の古さと権威を示すために偽作したという推測がある。

  • 「辛酉」とは干支のひとつで中国では革命の年と考えられ、古来より21回目の辛酉の年には大革命が起きる(讖緯説)とされてきた。那珂通世は、聖徳太子が政治を始めた601年(厳密には6世紀末とされるが、表立った活動の記録はない)が辛酉の大革命の年であるため、『日本書紀』の編者がそれに合わせて神武天皇が即位した神武天皇即位紀元を算出(21×60=1260よりAD601-1260=BC660〈西暦0年は存在しない〉)したと『上世年紀考』(1897年)で提唱した。現在の歴史学界ではこの那珂の説が定説となっている[注 1]

『日本書紀』における初代神武天皇の称号『始馭天下之天皇』と、10代崇神天皇の称号である『御肇國天皇』はどちらも「ハツクニシラススメラミコト」と読める。これを「初めて国を治めた天皇」と解釈すれば、初めて国を治めた天皇が二人存在することになる。このことから、本来は崇神が初代天皇であったが「帝紀」「旧辞」の編者らによって神武とそれに続く八代の系譜が付け加えられたと推測することができる[1]

1978年、埼玉県稲荷山古墳出土の金錯銘鉄剣に「意富比垝(オホヒコ)」という人物からの8代の系譜が刻まれていたことが確認された。この「意富比垝」は上述の崇神天皇が派遣した四道将軍の一人・大彦命と考えられる。大彦命は8代孝元天皇の第一皇子のはずだが銘文には何ら記載がなく、鉄剣製作時(471年)までにはそのような天皇は存在しておらず、後の世になって創作された存在であることを暗に物語っている[2]

4代・6代~9代の天皇の名は明らかに和風諡号と考えられるが、記紀のより確実な史料による限り和風諡号の制度は6世紀半ば頃に始まったものである。また、神武・綏靖のように伝えられる名が実名とするとそれに「神」がつくのも考え難く、さらに「ヤマトネコ」(日本根子・倭根子。「ネコ」とは一定の地域を支配する首長・王といった意味[3]。)などという美称は記紀が編纂された7・8世紀の天皇の諡号に多く見られるもので後世的であり、やはりこれらの天皇は後世になって皇統に列せられたものと考える見方が妥当である[4]

系譜などの『帝紀』的記述のみで事跡などの『旧辞』的記述がなく、あっても2代綏靖天皇手研耳命(たぎしみみのみこと)を討ち取ったという綏靖天皇即位の経緯ぐらいしかない。これらは伝えるべき史実の核がないまま系図だけが創作された場合に多く見られる例である[5]

すべて父子相続となっており兄弟相続は否定されている。父子相続が兄弟相続に取って代わったのはかなり後世になるため、これでは歴史的に逆行することになる[6]。このことは上述の天皇の異常な長寿と考え合わせて、皇統の歴史を古く見せかけようとしたために兄弟相続など同世代間での相続を否定したと考えるべきである[7]

陵墓に関しても欠史八代の天皇には矛盾がある。第10代崇神天皇以降は、多くの場合その陵墓の所在地には考古学の年代観とさほど矛盾しない大規模な古墳がある。だが第9代開化天皇以前は、考古学的に見て後世に築造された古墳か自然丘陵のいずれかしかない。その上、当時(古墳時代前~中期頃)築造された可能性のある古墳もなければ、弥生時代の墳丘墓と見られるものもない[8]

実在説[編集]

欠史八代の天皇を実在と考える代表的な根拠は以下の通り。

古代天皇の異常な寿命について[編集]

2~9代に限らず古代天皇の異常な寿命の長さは不自然だが、これは実在が有力視される21代雄略天皇にも見られ、これだけで非実在の証拠とはならない。讖緯説に則って歴史を遡らせたいならば、自然な長さの寿命を持つ天皇の存在を何人も創作して代数を増やせばよい。にもかかわらずそれをしなかったのは、帝紀記載の天皇の代数を尊重したためであろう[9][10]

半年暦説
日本の伝統行事や民間祭事には(大祓や霊迎えなど)一年に二回ずつ行われるものが多いが、古代の日本では半年を一年と数えて一年を二回カウントしていたと考える『半年暦説』(一年二歳暦、春秋暦とも)もある。『魏志倭人伝』の裴松之注には「『魏略』に曰く、その俗正歳四節を知らず。ただ春耕秋収を計って年紀と為す」と記されており、古代の倭人が一年を耕作期(春・夏)と収穫期(秋・冬)の二つに分けて数えていた可能性が窺える。そのことを踏まえれば天皇達の異常な寿命にも不自然さがなくなり、『魏志倭人伝』の記述にある倭人が「百年、あるいは八、九十年」まで生きたという古代人としては異常な長寿についても説明がつく。皇室の存在を神秘的に見せるために長命な天皇を創作するのであれば旧約聖書創世記に出てくるアダムのような飛び抜けた長命(930歳まで生きたとされる)にしてもよいのに二分の一に割って不自然な寿命になる天皇は一人も存在せず、このことも半年暦が使用されていたことを窺わせる。また、17代履中天皇以降から不自然な寿命が少なくなり、『古事記』と『日本書紀』の享年のずれがおおよそ二倍という天皇もおり(実在が有力な21代雄略天皇の享年は『古事記』では124歳、『日本書紀』では62歳と、ちょうど二倍。26代継体天皇も『古事記』43歳と『日本書紀』82歳で、ほぼ二倍)、この時期あたりが半年暦から標準的な暦へ移行する過渡期だったと推測することもできる[11]。また、日本書紀の暦は20代安康天皇3年(456年)以降は元嘉暦が使用されているがそれ以前は書記編纂時に使われていた儀鳳暦で記述されており、このことから安康以降は元嘉暦による記録が存在したもののそれ以前は暦法といえるような暦が残っていなかったために便宜的に書記編纂時の儀鳳暦を当てはめたと考えられ、この時期に暦にまつわる大きな変革があったとも推測できる[12][13]

その他の実在説[編集]

  • 辛酉革命に合わせて神武即位紀元を定めたとする説には疑問がある。日本書紀においてこの年に「大革命」という表現に相応しい出来事は窺えず、逆算の起点となるような特別な取り扱いはなされていない[14]
  • 『日本書紀』における神武天皇の称号『始馭天下之天皇』と、10代崇神天皇の称号『御肇國天皇』を「ハツクニシラススメラミコト」と読む訓み方は鎌倉・室町時代(あるいは平安末期)の訓み方であり、『書紀』編纂時のものとは異なっていた可能性がある。どちらも同じ意味であるならば、わざわざ漢字の綴りを変える理由が解らない。「高天原」などの用語と照応するならば、神武の称号の「天下」は後代で使われる形而上的な概念とは意味が違い、「天界の下の地上世界」といったニュアンスであろう。すなわち神武の『始馭天下之天皇』は「ハジメテアマノシタシラススメラミコト」などと読んで天の下の世界を初めて治めた王朝の創始者と解し、崇神の『御肇國天皇』はその治世にヤマト王権の支配が初めて全国規模にまで広まったことをと称讃したものと解釈すれば上手く説明がつく[15]
  • 帝紀的部分のみがあって、旧辞的部分を全く欠くのは2~9代の天皇だけではない。 帝紀はもともと系譜的記事だけのものである。旧辞的記事のないことのみで帝紀を疑う理由にはならない。2~9代に相当する旧辞の巻が失われた可能性もある[16]
  • 2代、3代、5代の天皇の名は和風諡号に使われる称号の部分がないため、実名として生前に使われた可能性が高い。7代~9代の天皇の名は明らかに和風諡号と考えられるが、諡号に使われる称号の部分を除けば7代は「ヒコフトニ」(彦太瓊・日子賦斗邇)8代は「ヒコクニクル」(彦国牽・日子国玖琉)9代は「ヒコオオビビ」(彦大日日・日子大毘毘)と実名らしくなり、実名を元に諡号が作られた可能性もある。また、記紀編纂時の天皇の諡号に多く見られる「ヤマトネコ」の美称はより後代の桓武平城にも見られるものであり、その時代特有のものとは一概にいえない[17]。また、『魏志倭人伝』などの国外の古代史料に見られる倭人の名(あるいは官名)と照応する部分も多く、やはり後世の造作とは言い切れない[18]
  • すべて父子相続である点は確かに不自然だが、それだけでは非実在の証拠とはならない。むしろ後世に伝わった情報が少なかったために、実際は兄弟相続やその他の相続だったものも便宜的に父子相続と記されたとも考えられる。事績が欠けているのも同様に説明がつく。また、太田亮[19]白鳥清[注 2]によると、神武天皇から応神天皇までの継承は父子継承だが長子相続でなく末子相続であり、末子相続は兄弟相続よりも古い習俗であるからむしろ実在の根拠になりうる。
  • 既述の通り欠史八代の多くは畿内の近隣豪族と婚姻を結んでいるが、もしもその存在が後世の創作であるとすれば後代の天皇達のように「皇族出身の女性を娶った」と記す方が自然である。また、『日本書紀』は欠史八代の皇后の名前について異伝として伝わる別の名前も載せているが、これらの皇后の存在が創作であるのならこのようなことをする理由がない[20]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、那珂自身は古代の天皇の実在は疑ってはいなかった。
  2. ^ 井上光貞『井上光貞著作集』第一巻、岩波書店、1985年内に引用されている

出典[編集]

  1. ^ (直木 1990)P20
  2. ^ (直木 1990)P226
  3. ^ (遠山 2001)P56
  4. ^ (井上 1973)P269-270
  5. ^ (直木 1990)P20
  6. ^ (井上 1973)P270-272
  7. ^ (遠山 2001)P62
  8. ^ (直木 1990)P32
  9. ^ (平泉 1979)P36
  10. ^ (西尾 1999)P164
  11. ^ (安本 2005)P159-163
  12. ^ (安本 2005)P126
  13. ^ (牧村 2016)P59-61
  14. ^ (安本 2005)P130
  15. ^ (安本 2005)P258-259
  16. ^ (安本 1988)P140
  17. ^ (佐藤 2006)P190
  18. ^ (安本 1988)P5-9
  19. ^ (太田 1929)
  20. ^ (佐藤 2006)P162

参考文献[編集]

関連項目[編集]