当麻皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
当麻皇子
続柄 第31代用明天皇の第3皇子

出生 敏達天皇3年(574年?)以降、用明天皇元年(586年?)以前
死去 不詳
配偶者 舎人皇女欽明天皇皇女
父親 用明天皇(第31代天皇
役職 征新羅将軍
テンプレートを表示

当麻 皇子(たいま の みこ、敏達天皇3年(574年?)以降用明天皇元年(586年?)以前 - 没年不詳)は、古墳時代後期から飛鳥時代前期にかけての皇族麻呂子皇子ともいう。用明天皇の第三皇子。子孫に中級官人となった当麻氏と大和高田を中心として活躍した平田党武家当麻高田氏が出ている。

経歴[編集]

推古天皇10年(602年)、征新羅大将軍であった異母弟の来目皇子薨去した後、翌推古天皇11年(603年)4月に征新羅将軍となった。難波から船で出発したが、播磨国明石で妻である舎人皇女薨去したことから、皇女を明石に葬った後引き返したという。

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]