事代主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
事代主神から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
事代主神

神祇 国津神
全名 事代主神
別名 八重事代主神、八重言代主神、玉櫛入彦嚴之事代神、都味歯八重事代主神、積羽八重事代主命、辞代主神 等
別称 恵比寿大神
神格 託宣の神、漁業の神
大国主神
神屋楯比売命(『古事記』)
高津姫神(『先代旧事本紀』)
配偶者 玉櫛媛阿波咩命
媛蹈鞴五十鈴媛命物忌奈命
神社 美保神社鴨都波神社長田神社

事代主神(ことしろぬしのかみ)は、日本神話に登場する

神話の記述[編集]

別名は八重言代主神八重事代主神とも表記し、『古事記』において大国主神神屋楯比売命との間に生まれたとされる。

葦原中国平定において、建御雷神らが大国主神に対し国譲りを迫ると、大国主は美保ヶ崎で漁をしている息子の事代主神が答えると言った。そこでタケミカヅチが美保ヶ崎へ行き事代主に国譲りを迫ると、事代主神は「承知した」と答え、船を踏み傾け、天ノ逆手を打って青柴垣に変えて、その中に隠れてしまった。この天ノ逆手は一般に手を逆さに打つことだと考えられている。

抵抗した弟の建御名方神も建御雷神に服従すると、大国主神は国譲りを承諾し、事代主神が先頭に立てば私の180人の子供たちも事代主神に従って天津神に背かないだろうと言った。

解説[編集]

大国主神の子とされる。現在でも宮中の御巫八神の一つになっている。葛城には、事代主を祀る鴨都波神社奈良県御所市)がある。

日本書紀・神武紀』には、神武天皇の皇后となる媛蹈韛五十鈴媛命に関して

事代主神、共三嶋溝橛耳神之女玉櫛媛所生兒、號曰媛蹈韛五十鈴媛命。

『事代主神、三嶋溝橛耳神(みしまのみぞくひみみのかみ)の娘の玉櫛媛(たまくしひめ)に共(みあひ)して生める子を、なづけて媛蹈韛五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)ともうす。』とあり、事代主は神武天皇の岳父となっている。また、綏靖天皇の皇后は、『日本書紀』本文では事代主の女、『古事記』では師木県主の祖河俣毘賣となっていることから大和在地豪族で磯城縣主を任じられた弟磯城(おとしき)との関連性が窺える。

先代旧事本紀』では、大国主神と高津姫神(宗像三女神多岐都比売命とされる)の子として記述されている。なお海部氏勘注系図には高津姫神は「神屋多底姫」(かむやたてひめ)の別名としており、『古事記』の大国主神が神屋楯比売命を娶って生んだとする記述と一致する。

系譜[編集]

『古事記』では大国主神神屋楯比売命の子とされ、『日本書紀』、『先代旧事本紀』では大国主神と高津姫神との子とする。

『日本書紀』には玉依姫命との間に天日方奇日方命媛蹈韛五十鈴媛命五十鈴依媛命を生んだとされ、『三宅記』などの資料には他に妻阿波咩命との間に物忌奈命、妻波布比売命との間に阿治古命波治命、妻久爾都比咩命との間に多祁美加々命、妻伊古奈比咩命との間に阿米都和気命穂都佐和気命、妻佐伎多麻比咩命との間に南子命加彌命夜須命弖良命志理太宜命久良恵命片菅命波夜志命、妻優波夷命との間に許志伎命、他伊大弖和気命阿豆佐和気命天八現津彦命などの子が記述されている。

信仰[編集]

美保神社島根県松江市)、三輪惠比須神社奈良県桜井市)、長田神社神戸市長田区)、事代主神社 (阿波市)徳島県阿波市)、生夷神社徳島県勝浦郡)のほか、恵美須神社京都市東山区)、今宮戎神社大阪市浪速区) 、志紀長吉神社大阪市平野区) 、大前恵比寿神社栃木県真岡市)などのえびすを祀る神社でも祀られている。

伝説[編集]

鶏伝説[編集]

島根県美保関町には、事代主がを嫌うという言い伝えがある。折口信夫は、その理由として、事代主の妻訪い(妻問い)の物語を紹介している[1]。それによると、「事代主は、夜毎海を渡って対岸の揖夜(イフヤ)の里の美保津姫のもとへ通っていたが、鶏が間違って真夜中に鳴いたため、事代主はうろたえて小船に乗ったものの、櫂を岸に置き忘れて仕方なく手でかいたところ、鰐(サメのこと[2])に手を噛まれた[1]。以来、事代主は鶏を憎むようになり、それにあやかって美保関では鶏を飼わず、参詣人にも卵を食べることを戒める」としている[1]島崎藤村は、「釣り好きの事代主が寝ぼけて鳴いた鶏の声を聞いて未明に船を出し、荒れた海で櫓も櫂も失い、足で水をかいたところ鰐に足を噛まれた」という話を紹介している[3]。現代でも、事代主を再現した美保関の青柴垣神事の際に当屋に指名された者は、1年間鶏肉を食べないで身を清める習わしがあり[4]、美保関から中海を渡った対岸には、美保津姫を祀った揖夜神社がある。

三島と伊豆[編集]

美保で青柴垣に引き籠った事代主神は、伊豆の三宅島で三島明神になったとする伝承もある。富士山の神とともに10の島を生み、現在の三嶋大社静岡県三島市)に鎮座したとする。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 鶏鳴と神楽と折口信夫、やまと新聞、1920(大正9)年1月
  2. ^ 森田喜久男 (2012年10月20日). “ヨモツヒラサカを超えた神々 (PDF)”. 島根県立古代出雲歴史博物館. 2015年2月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月16日閲覧。
  3. ^ 山陰土産島崎藤村「大阪朝日新聞」1927(昭和2)年7月
  4. ^ 厳しい潔斎1年間。神様に近づく青柴垣神事の「當屋」美保関地域観光振興協議会、2013年4月9日

関連項目[編集]