班子女王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

班子女王(はんし(なかこ)じょおう、天長10年(833年) - 昌泰3年4月1日900年5月2日))は、平安時代皇族光孝天皇女御宇多天皇の母、皇太后洞院后と称された。仲野親王桓武天皇皇子)の娘で、母は正一位当宗氏寛平御時后宮歌合の主催者。

生涯[編集]

光孝天皇の親王時代からの妃。是忠親王是貞親王、定省親王(のちの宇多天皇)、源元長忠子内親王簡子内親王綏子内親王為子内親王をもうける。元慶8年(884年)の夫光孝天皇即位に伴い、同年4月1日女御となる。藤原基経の異母妹の尚侍藤原淑子と親密な仲で、所生の定省親王を淑子の猶子としており、この関係が夫光孝天皇の即位の一因ともされている[1]仁和3年(887年)、定省親王が宇多天皇として即位すると、同年11月17日皇太夫人となり、さらに寛平9年(897年)7月26日には皇太后となった。昌泰3年(900年)4月1日、68歳で崩御

脚注[編集]

  1. ^ 角田、p.131

参考文献[編集]