藤原淑子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

藤原淑子(ふじわら の しゅくし/よしこ、承和5年(838年)- 延喜6年5月28日906年6月22日))は、平安時代前期の貴族女性、女官藤原長良の娘。右大臣藤原氏宗室(後妻)。異母兄弟に基経高子らがいる。定省王(後の宇多天皇)を猶子とし、その即位に貢献した。尚侍正一位

生涯[編集]

斉衡3年(856年)父長良が死去。貞観2年(860年)、藤原氏宗と結婚。同年8月、従五位上に叙され宮廷に出仕。貞観14年(872年)夫氏宗が没し、寡婦となる。その後も宮廷にあり、元慶3年(879年)11月従三位、元慶6年(882年)1月正三位に昇叙。また、時康親王(後の光孝天皇)の第七王子・定省王(後の宇多天皇)を猶子とする。

元慶8年(884年)2月光孝天皇が即位すると、4月尚侍に任じられた。定省王は臣籍に降り源定省となったが、仁和3年(887年)8月光孝天皇が重態となると、定省が急遽皇族に復帰し立太子、翌日光孝天皇の崩御により即位した。光孝天皇・宇多天皇の即位には、淑子の力が大きかったとされる。同年11月、従一位に至る。

寛平元年(889年)亡夫氏宗の菩提を弔うため、円成寺を建立する。寛平9年(897年)、宇多天皇の養母の務めにより年給を賜る。延喜6年5月28日に69歳で薨去、同月30日正一位を贈られた。

藤原淑子を題材とした小説[編集]

参考文献[編集]