藤原長良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
藤原長良
Fujiwara no Nagara.jpg
時代 平安時代前期
生誕 延暦21年(802年
死没 斉衡3年7月3日856年8月6日
別名 枇杷中納言
官位 従二位、権中納言
正一位太政大臣
氏族 藤原北家
父母 父:藤原冬嗣
母:藤原美都子藤原真作の娘)
兄弟 長良良房良方良輔順子良相良門良仁良世
難波渕子
藤原乙春藤原総継の娘)
国経遠経基経高経弘経淑子清経高子有子
テンプレートを表示

藤原 長良(ふじわら の ながら/ながよし)は、平安時代前期の公卿陽成天皇外祖父にあたる。

生涯[編集]

嵯峨朝の実力者左大臣藤原冬嗣長男として生まれる。仁明天皇東宮であったころより信頼が篤く常に近侍していたという。一方で仁明天皇即位後には急速に昇進した次弟・良房に官途で先を越されている。仁明朝では蔵人頭左兵衛督を歴任し、承和11年(844年)良房に遅れること10年にして参議として公卿に列す。

嘉祥3年(850年)甥の文徳天皇が即位すると正四位下次いで従三位、翌仁寿元年(851年)には正三位と続けて昇叙されるが、同年10歳以上年少の同母弟・良相が先に権中納言に任ぜられ、その後塵を許す。仁寿4年(854年)権大納言に昇進した良相の後任として権中納言に昇進、斉衡3年(856年)には従二位に叙せられるが、まもなく没した。最終官位は権中納言兼左衛門督従二位。享年55。

死後、娘の高子清和天皇女御となり、高子所生の貞明親王が即位(陽成天皇)したことに伴い、元慶元年(877年)に正一位左大臣、ついで元慶3年(879年)に太政大臣を追贈された。

昇進は弟の良房や良相に遅れをとったが、両弟に比べ子女に恵まれ子孫は大いに繁栄した。特に三男の基経は良房の養子となり、その子孫からは五摂家を初めとして多数の堂上諸家を輩出した。また、中世以前においては、基経の父を養父である良房ではなく実父の長良であると捉える(長良を摂家の祖とする)観念が強く、『大鏡』の「大臣列伝」の配列に影響を与えている(藤原北家の嫡流を良房ではなく長良とする)とする説がある[1]

人物[編集]

高潔な人柄で、心が広く情け深い一方で度量もあった。弟たちに官途で先を越されたが、何のわだかまりもなく、兄弟への友愛は非常に深かった。士大夫に対しても常に寛容をもって接し、貴賎に関係なく人々に慕われた。仁明天皇の崩御時には、父母のごとく哀泣し続け、肉食を断って冥福を祈念したという。

若い頃に文徳天皇に近侍していた際、天皇から対等の交わりを許されたが、長良は常に礼装を崩さず、馴れ馴れしい態度をとることはなかった。[2]

官歴[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 栗原弘「平安前期の養子」(『平安前期の家族と親族』(校倉書房、2008年) ISBN 978-4-7517-3940-2 第三部第二章)
  2. ^ 『日本文徳天皇実録』斉衡3年7月3日条
  3. ^ 『公卿補任』では2月29日
  4. ^ 『公卿補任』では天長11年(834年) 4月16日。
  5. ^ 『公卿補任』では相模守。
  6. ^ 『公卿補任』では伊予守。
  7. ^ 『公卿補任』では8月10日。
  8. ^ 『公卿補任』では嘉祥3年(850年)11月25日。