藤原総継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原総継
時代 平安時代初期
生誕 不詳
死没 不詳
官位 従五位上紀伊守
正一位太政大臣
氏族 藤原北家末茂
父母 父:藤原末茂、母:不詳
兄弟 沢継野継門継総継
藤原数子
藤原雄友の娘
沢子直道貞道宗道秀道乙春、娘(源融室)
特記
事項
光孝天皇の外祖父。
テンプレートを表示

藤原 総継(ふじわら の ふさつぐ)は、平安時代初期の貴族美作守藤原末茂の子。光孝天皇の外祖父。

経歴[編集]

弘仁2年(811年従五位下叙爵し、中務少輔次いで相模介に任ぜられる。のち、従五位上・紀伊守に叙任されるが、紀伊守任期中に卒去

没後の元慶8年(884年)2月に仁明天皇女御であった娘・沢子所生の時康親王が即位(光孝天皇)したことから、総継は同年6月に天皇外祖父として正一位位階を、翌仁和元年(885年)には太政大臣官職を追贈された。は妻・数子の墓と娘・沢子の山陵とともに山城国愛宕郡にあり、仁和元年(885年)に守家1戸が設置されている[1]

官歴[編集]

六国史』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本三代実録』仁和元年10月8日条
  2. ^ 『貞観交代式』『三代格』
  3. ^ 『日本三代実録』元慶8年3月13日条
  4. ^ 『続日本後紀』承和6年6月30日条
  5. ^ 『公卿補任』

参考文献[編集]