平惟範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
平惟範
時代 平安時代前期
生誕 斉衡2年(855年
死没 延喜9年9月18日(909年11月3日
官位 従三位中納言
主君 陽成天皇光孝天皇宇多天皇醍醐天皇
氏族 桓武平氏
父母 父:平高棟、母:藤原長良長女・有子
兄弟 実雄正範惟範季長信孝
藤原房雄
人康親王
時望伊望
テンプレートを表示

平 惟範(たいら の これのり)は、平安時代前期の公卿桓武平氏大納言平高棟(高棟王)の三男。官位従三位中納言

官歴[編集]

※日付は旧暦。

  • 貞観16年
    • 1月23日(874年2月14日) 従五位下に叙位
    • 12月6日(875年1月16日) 蔵人に補す。
  • 貞観17年8月15日(875年9月12日) 皇太后宮(摂政藤原良房娘・藤原明子)亮に遷任。
  • 元慶元年11月21日(877年12月29日) 従五位上に昇叙。皇太后宮亮如元。
  • 元慶3年2月15日(879年3月11日) 備後権介を兼任。
  • 元慶4年
    • 1月11日(880年2月24日) 備前権介を兼任。備後権介を去る。
    • 4月15日(880年5月27日)) 正五位下に昇叙。皇太后宮亮・備前権介如元。
  • 元慶6年1月7日(882年1月29日) 皇太后宮藤原明子が太皇太后へ異動に伴い、皇太后宮は、皇太夫人藤原高子(贈太政大臣藤原長良娘)となる。
  • 仁和2年1月7日(886年2月14日) 従四位下に昇叙。皇太后宮亮・備前権介如元。
  • 仁和3年
    • 2月17日(887年3月15日) 民部大輔を兼任。
    • 5月13日(887年6月8日) 弾正大弼を兼任。民部大輔を去る。
  • 寛平2年1月18日(890年2月11日) 式部大輔を兼任。
  • 寛平5年3月15日(893年4月5日) 肥後権守を兼任。
  • 寛平6年1月7日(894年2月16日) 従四位上に昇叙。皇太后宮亮・式部大輔・弾正大弼・肥後権守如元。
  • 寛平9年
    • 5月25日(897年6月28日) 大蔵卿に転任。
    • 6月19日(897年7月22日) 太皇太后宮(明子)権大夫を兼任。
  • 延喜2年1月26日(902年3月8日) 参議に補任。大蔵卿兼任如元。
  • 延喜3年2月16日(903年3月17日) 播磨権守を兼任。
  • 延喜4年1月7日(904年1月27日) 正四位下に昇叙。参議・大蔵卿・播磨権守如元。
  • 延喜6年1月11日(906年2月7日) 播磨権守を兼任(重任扱い)
  • 延喜7年1月13日(907年2月27日) 左兵衛督を兼任。大蔵卿・播磨権守を去る。
  • 延喜8年
    • 1月16日(908年2月20日) 従三位に昇叙。中納言に転任。左兵衛督を兼任。
    • 3月5日(908年4月8日) 検非違使別当を兼ぬ。
    • 8月26/28日(908年9月24/26日) 民部卿を兼任。検非違使別当・左兵衛督を去る。
  • 延喜9年
    • 4月22日(909年5月14日) 右近衛大将を兼任。民部卿を去る。
    • 9月18日(909年11月3日) 薨去。享年55。

系譜[編集]

軍職
先代:
源光
右近衛大将
909年
次代:
藤原忠平