親政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

親政(しんせい)とは、君主国王皇帝天皇など)自身が政治を行うこと、またはその政治形態君主制の一形式)のことである。

概要[編集]

君主制といえど、様々な理由によって、君主自らが政治を行わない場合も多い。その理由としては、摂政院政(後述)、高官宰相太政官関白内閣など)主導の政治体制、実権のある他の政府(幕府など)の存在、君主自身の政務への無関心などがある。親政とはそれらのいずれかの場合と対比して、君主自らが政治を行う場合を特に指していう。

日本では、太上天皇院政をおこなわず、在位の君(現役の天皇)が同時に治天の君として実権を握る状態をもいう(院政の対語)。ただし、歴史上摂関政治や院政、武家政権などの時代に比べて実際に親政が行われていた期間は長くは無かったことに留意する必要がある。また、延喜天暦の治の時代は摂政・関白が必ずしも常置されていなかった時代であり(藤氏長者太政官の筆頭の地位にいた)、後醍醐天皇は元々治天の君の資格のない(院政を行う資格のない)中継ぎの天皇であったことなど、親政が必ずしも積極的な動機で行われたとは言い難い場合もあった。明治維新後は、立憲君主制を否定する立場から、皇道派赤尾敏なども主張した。天皇親裁とも言う。

また、イラク王国においては1939年に3歳で即位したファイサル2世1953年に親政宣言をするものの、本人は政治に無関心のために摂政から皇太叔父になったアブドゥル=イラーフが実権を握り続けた。

親政を行った主な王・皇帝[編集]

将軍親政[編集]

江戸幕府においては老中による合議制が成立しており、将軍が独断で政策決定をする訳ではなく、逆にほとんどの政務を老中に委ねる場合すらあった。また前将軍である大御所が実際の権力を持っている場合もあった。そのため、将軍が自ら積極的に政治にかかわる状態を「将軍親政」と呼んでいる。将軍が実権を握っていたり握っていなかったりということは、鎌倉幕府室町幕府でも起きていたことであるが、「将軍親政」の語は江戸幕府にしか用いられない[要出典]。上述の通り、親政の定義は「君主自身が政治を行う事」であり、将軍は君主ではないからである[要出典]。ただし江戸幕府の場合は、幕府が朝廷を押え付け、事実上将軍が君主と化していた事から「将軍親政」なる言葉が生まれたものと思われる。