天皇親裁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天皇親裁(てんのうしんさい)とは、天皇政治に関する全ての決裁を行うべきだとする立場。憲法議会に拘束された立憲君主制は、西ヨーロッパの制度であるとして排斥する。

かつて中国で、皇帝が失政を行った場合、皇帝をかばう立場の側近は、皇帝が悪いのではなく、皇帝を政治利用しようとした「君側の奸」が悪いとした。

天皇親裁を主張する立場でも、天皇主権明治憲法下で軍国主義の道を歩んだのは、天皇が悪いのではなく、官僚機構や軍部政党に巣食った「君側の奸」が悪いとした(皇道派)。

関連項目[編集]