倉山満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くらやま みつる
倉山 満
生誕 1973年[1]
日本の旗 日本 香川県
出身校 中央大学大学院文学研究科日本史学専攻博士課程単位取得満期退学
職業 国士舘大学体育学部21世紀アジア学部非常勤講師

倉山 満(くらやま みつる、1973年〈昭和48年〉12月18日 - )は、日本の歴史学者、作家である。日本のこころを大切にする党自主憲法起草委員会顧問[2]。執筆活動等では「憲政史研究者」という肩書きを用いている[1][3][4]

来歴[編集]

1973年(昭和48年)、香川県に生まれる[1]。一番長く住んだのは丸亀市で、「高校を卒業したら『絶対に瀬戸大橋を渡る』と決意」していたという[5]

1996年(平成8年)、中央大学文学部史学科国史学専攻卒業[1]1998年(平成10年)、中央大学大学院文学研究科日本史学専攻修士課程修了。大学院在籍中の1999年(平成11年)から、国士舘大学日本政教研究所非常勤研究員を務める[1][6][注釈 1]2006年(平成18年)、中央大学大学院文学研究科日本史学専攻博士課程単位取得満期退学[1]

2012年(平成24年)、「帝国憲法講義」等のコンテンツ配信サービス「倉山塾」を開講[6]。同年、志太勤が創立した一般財団法人希望日本投票者の会のシンクタンクである希望日本研究所の所長に就任[1][8][9]。また同年9月に行われた自由民主党総裁選挙を巡り、「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」発起人に名を連ね[10]、同会が主催した安倍晋三総裁選決起集会に出席した[11]

2013年(平成25年)10月11日より、インターネット放送局「チャンネルくらら」を開局[12]2014年(平成26年)5月30日、超党派の議員連盟である自主憲法研究会の設立総会に参加[13]2015年(平成27年)1月19日より、次世代の党自主憲法起草委員会の顧問に就任した[2]

自身の公式サイトによると、右目の異常を感じて眼科で診察を受けた結果、入院することになったことを2015年10月2日に報告した[14]。翌10月3日には退院した事を報告したが、復帰時期については未定としている[15]

主張・人物[編集]

倉山が大学1年生時に加入した中央大学辞達学会の先輩でもある上念司について、「指南役」であり、「永遠の4年生」と述べている[16]

吉野作造について、「私の研究対象であり、尊敬する人物であり、目指す生き様であり、越えるべき壁だと思っています」と述べている[5]

大日本帝国憲法こそ、「日本国の歴史・文化・伝統に則った、世界標準の文明国の通義にかなった憲法」と主張している[17]。また、憲法は国家権力を縛るためのものであるという観点から、憲法に理想主義的な不要な文言を書き込むべきではないとし、日本国憲法のみならず、産経新聞自由民主党が出した改憲案についても批判している[18]

日本国憲法体制においては、条文さえ守れば何をやってもいいことになっている現状を批判し、戦前存在した憲政の常道を再び慣例として確立すべきとし、このためには保守二大政党(「陛下の与党」「陛下の野党」)が必要であるとする[19]。戦後に憲政の常道を守った総理大臣として、安保改定騒動のなか所得倍増計画を打ち出し、首相就任直後に衆議院の解散・総選挙を断行して大勝した池田勇人を挙げ、賞賛している[19]

著書『常識から疑え! 山川日本史』では、山川出版社が出版している高校の日本史の教科書を批判している[20]

戦間期から第二次世界大戦に至る過程で、ソ連は世界中にスパイを放ち、特に日本の近衛内閣アメリカF・ルーズベルト政権の中枢を固め、日米両国を戦争に向かわせて共倒れに持ち込んだと主張している[21]。当時首相であった近衛文麿の側近にはスターリンのスパイが大量に入り込んでいたとも述べている[22]

次世代の党では、自主憲法起草委員会の顧問に就任している[2]ほか、同党が開講した次世代政治塾の講師も務めている[23]。また、2015年(平成27年)3月28日に開催された「次世代の党を応援する大集会」では、呼びかけ人として名を連ねている[24]

2014年(平成26年)4月10日に刊行した『増税と政局・暗闘50年史』を巡って、同年4月15日、倉山および出版社のイースト・プレスに対して、同書の内容が名誉毀損であり損害賠償を求める主旨の内容証明郵便を送付したことを三橋貴明が公表した。三橋貴明は同書籍において、麻生太郎財務大臣の指示により三橋貴明が増税賛成に転じたとの主張がなされており、これを事実無根とし、①書籍の回収・増版禁止、②謝罪広告、③損害賠償を求める訴訟に発展した。また当時、倉山は消費税8%増税を行った際、自らが主宰する倉山塾等を通じ、当時の財務省事務次官木下康司への苛烈なパッシングとコラージュ画像作成による同氏への攻撃を訴える等扇動していたが、同書においても「木下次官が「チャンネル桜」の水島社長を使って増税反対活動を止めにきた」とする等、木下氏が水島社長などへも影響力を及ぼしているとの主張をしていたが、こちらについても三橋貴明や水島社長は木下次官とは面識すらなく全くの事実無根としている。[25]

その後、三橋貴明から本訴訟の結果が明かされ、「被告ら(倉山満、イースト・プレス社、畑祐介)は原告に対し、連帯して150万円及びこれに対する平成26年4月13日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え」 「被告株式会社イースト・プレス社は、別紙謝罪文目録記載1の謝罪広告を、同記載3の条件により、被告株式会社イースト・プレスのホームページに記載せよ」 「被告倉山満は、別紙謝罪文目録記載1の謝罪広告を、同記載3の条件により、被告倉山満のホームページ(http://www.kurayama.jp/ )に記載せよ」との判決が下った。謝罪文目録として「株式会社イースト・プレス及び倉山満は、同社出版にかかる『増税と政局・暗闘50年史』において、三橋貴明氏に関して事実に反する記載をなし、三橋貴明氏の名誉を棄損したことを謝罪します。」との文章にて謝罪を公表することが求められており、一審においては倉山の同書籍に事実に反する記載があったこと認められた結果となったが、2015年10月22日に倉山側がこれを控訴したことも明らかにされた。[26]

チャンネルくらら[編集]

各分野の専門家を迎えて面白可笑しく、真面目に、有益な情報を提供する事を目的として[27]、2013年10月に開局[27][28]

主なシリーズ[編集]

  • 上念司の経済ニュース最前線:毎週金曜21時配信
    出演:上念司
  • じっくり学ぼう!世界近代史:毎週月曜配信
    出演:倉山満、桜林美佐
  • ジョネ山満(上念司)が訊く
    出演:上念司
  • ロケ特番
  • 倉山満が訊く、
    出演:倉山満
  • 討論・暴論・強硬論+座談会
  • すばやく学ぼう!世界と日本
    出演:倉山満、桜林美佐
  • すばやく学ぼう!世界の百年
  • 戦後70年特別企画 「説教ストロガノフ 掟破りの逆15年戦争〜戦争責任とは敗戦責任である」:毎週土日配信
    出演:上念司、倉山満
  • 月刊河添恵子:火曜配信
    出演:河添恵子
  • きちんと学ぼう!ユダヤと世界史:毎週水曜配信
    出演:内藤陽介、倉山満
  • 長州英雄伝説&長州を語る:毎週木曜配信
    出演:倉山満、かしわもち
過去
  • みんなで学ぼう!バルカン半島
    出演:倉山満、古谷経衡

著作[編集]

単著[編集]

  • 『誰が殺した? 日本国憲法!』 講談社2011年5月31日ISBN 978-4-06-216996-7
  • 『検証 財務省の近現代史 政治との闘い150年を読む』 光文社〈光文社新書 571〉、2012年3月16日ISBN 978-4-334-03674-4 - 文献あり。
  • 『嘘だらけの日米近現代史』 扶桑社〈扶桑社新書 124〉、2012年9月4日ISBN 978-4-594-06662-8 - 年表あり。
  • 『嘘だらけの日中近現代史』 扶桑社〈扶桑社新書 140〉、2013年6月4日ISBN 978-4-594-06830-1
  • 『間違いだらけの憲法改正論議』 イースト・プレス〈イースト新書 013〉、2013年10月10日ISBN 978-4-7816-5013-5
  • 『嘘だらけの日韓近現代史』 扶桑社、2013年12月3日ISBN 978-4-594-06952-0
  • 『常識から疑え! 山川日本史 「アカ」でさえない「バカ」なカリスマ教科書』近現代史編 上、ヒカルランド、2013年12月ISBN 978-4-86471-171-5
  • 『歴史問題は解決しない 日本がこれからも敗戦国でありつづける理由』 PHP研究所、2014年1月25日ISBN 978-4-569-81687-6
  • 『反日プロパガンダの近現代史 なぜ日本人は騙されるのか』 アスペクト、2014年2月6日ISBN 978-4-7572-2269-4
  • 『保守の心得』 扶桑社〈扶桑社新書 157〉、2014年3月1日ISBN 978-4-594-07003-8
  • 『常識から疑え! 山川日本史 「研究者もどき」がつくる「教科書もどき」』近現代史編 下、ヒカルランド、2014年3月10日ISBN 978-4-86471-184-5
  • 『増税と政局・暗闘50年史』 イースト・プレス〈イースト新書 027〉、2014年4月10日ISBN 978-4-78165027-2
  • 『帝国憲法の真実』 扶桑社〈扶桑社新書 165〉、2014年5月2日ISBN 978-4-594-07038-0 - 『保守の心得』に続く「保守入門シリーズ」の第2弾。
  • 『大間違いの太平洋戦争』 ベストセラーズ、2014年7月15日ISBN 978-4-584-13587-7
  • 『負けるはずがなかった! 大東亜戦争』 アスペクト、2014年8月15日ISBN 978-4-7572-2340-0
  • 『「軍国主義」が日本を救う』 徳間書店、2014年9月30日ISBN 978-4-19-863858-0
  • 『逆にしたらよくわかる教育勅語 ほんとうは危険思想なんかじゃなかった』 ハート出版2014年11月3日ISBN 978-4-89295-985-1
  • 『嘘だらけの日露近現代史』 扶桑社〈扶桑社新書〉、2015年3月2日ISBN 978-4-594-07227-8
  • 『世界大戦と危険な半島 真・戦争論』 ベストセラーズ、2015年3月25日ISBN 978-4-584-13636-2
  • 『口語訳 日本国憲法・大日本帝国憲法』 KADOKAWA(中経出版)〈新人物文庫〉、2015年4月27日ISBN 978-4-04-601250-0
  • 『帝国憲法物語』 PHP研究所、2015年5月22日ISBN 978-4-569-82140-5

共著[編集]

編著[編集]

分担執筆[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

インターネット番組[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ その後同大学では体育学部21世紀アジア学部で非常勤講師を務め、日本国憲法を講じていたが、2015年春までに退任したことを倉山が発表している[7]
  2. ^ キャスターとして、新聞記事解説と「倉山満の砦」というコラムを担当していた[29]が、水島総三橋貴明らとの消費税増税への反対運動の方針の違いを巡って番組を降板したことが、当事者らより発表されている[30][31]
  3. ^ 倉山は2013年より一時休養状態にあることを発表している[32]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 日本がこれからも敗戦国でありつづける理由とは? 『歴史問題は解決しない』を発売! 新進気鋭のオピニオンリーダー・倉山満氏の最新刊”. PHP研究所 (2014年1月17日). 2015年9月23日閲覧。
  2. ^ a b c “次世代の党「自主憲法起草委員会」設立” (プレスリリース), 次世代の党, (2015年1月19日), http://www.jisedai.jp/news/20150119.html 2015年9月23日閲覧。 
  3. ^ “検証 財務省の近現代史 政治との闘い150年を読む 倉山満著”. 東洋経済オンライン (東京: 東洋経済新報社). (2012年5月16日). http://toyokeizai.net/articles/-/9154/ 2015年9月23日閲覧。 
  4. ^ “倉山満さん「嘘だらけの日韓近現代史」 “仲良くしなきゃ病”を捨て中韓無視した周辺外交を”. ZAKZAK (東京: 産経デジタル). (2013年12月15日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20131215/enn1312150730003-n1.htm 2015年9月23日閲覧。 
  5. ^ a b 倉山満. “略歴 - 憲政史研究者・倉山満の砦”. 2013年6月19日閲覧。
  6. ^ a b “財務省が仕掛けた罠 増税にお墨付きを与える解散総選挙”. ZAK×SPA! (東京: 産経デジタル). (2014年12月2日). オリジナル2015年8月18日時点によるアーカイブ。. http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:11xpMdMIa1AJ:www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20141202/zsp1412021130001-n1.htm 2015年9月23日閲覧。 
  7. ^ 倉山満. “すっかり忘れていたが”. 2015年9月23日閲覧。
  8. ^ 研究員紹介 希望日本研究所とは希望日本研究所(2013年12月3日時点のインターネット・アーカイブ
  9. ^ 研究トピックス希望日本研究所
  10. ^ 安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会 発起人一覧”. 安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会. 2015年9月23日閲覧。
  11. ^ 安倍晋三 総裁選決起集会 オープニング映像(2012年9月19日)” (2012年9月20日). 2015年9月23日閲覧。
  12. ^ 【チャンネルくらら】 倉山 満 開局あいさつ 2013.10.11YouTube 2013年10月11日
  13. ^ 杉田水脈 (2014年5月30日). “自主憲法研究会設立総会”. 2015年9月23日閲覧。
  14. ^ 事務局よりお知らせです”. 憲政史研究者・倉山満の砦 (2015年10月2日). 2015年10月24日閲覧。
  15. ^ 退院のご報告”. 憲政史研究者・倉山満の砦 (2015年10月3日). 2015年10月24日閲覧。
  16. ^ 倉山満 (2012年6月18日). “ウィキペディアさんへ”. 2015年9月23日閲覧。
  17. ^ 【書評】 『帝国憲法の真実』倉山満著MSN産経ニュース 2014年5月11日
  18. ^ 【倉山満の砦】占領憲法とそれに縛られた改正論議への怒り[桜H25/4/26 - YouTube]
  19. ^ a b 大学では教えられない歴史講義 : 亡国前夜(最終回)―マッカーサーこそ日本民主制の癌 by kurayama - 憲政史研究者・倉山満の砦
  20. ^ 常識から疑え! 山川日本史朝日新聞出版 dot.(ドット) 2014年1月23日
  21. ^ 倉山 2012b, p. 83
  22. ^ 倉山 2012b, p. 86
  23. ^ “【お知らせ】次世代の党政治塾 『次世代政治塾』募集のお知らせ” (プレスリリース), 次世代の党, (2015年4月21日), http://www.jisedai.jp/news/20150421.html 2015年9月23日閲覧。 
  24. ^ “次世代の党を応援する大集会のご案内” (プレスリリース), 次世代の党, (2015年4月21日), http://jisedai.jp/news/20150218_2.html 2015年9月23日閲覧。 
  25. ^ 「増税と政局・暗闘50年史」について三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」 2014年4月15日
  26. ^ 【緊急更新】倉山満氏とイースト・プレス社との裁判についてご報告 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog 2015年10月23日
  27. ^ a b 「チャンネルくらら」とは?”. チャンネルくらら. 2015年10月21日閲覧。
  28. ^ 受験生に朗報「受験は3か月あれば間に合う」”. 日刊SPA!. 株式会社扶桑社 (2014年10月17日). 2015年10月21日閲覧。
  29. ^ 【倉山満の砦】倉山の志、真正保守に必要な議論の場を【桜H24/11/16】 - YouTube
  30. ^ 【水島総】倉山満氏からの訣別宣言について【桜H25/10/3】 - YouTube
  31. ^ チャンネル桜さん、さよなら!倉山満の砦 2013年10月3日
  32. ^ 倉山満 (2013年1月16日). “チャンネルAJER休養のお知らせ”. 大学では教えられない歴史講義 : 憲政史研究者・倉山満の砦. 2013年6月19日閲覧。
  33. ^ チャンネルグランドストラテジー(CGS) (2013年4月28日). “いよいよ明日4月29日より!『じっくり学ぼう!日本近現代史』配信スタート”. アメーバブログ. 2011年6月19日閲覧。

外部リンク[編集]