光孝天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
光孝天皇
江戸時代の百人一首より

元号 元慶仁和
先代 陽成天皇
次代 宇多天皇

誕生 830年
崩御 887年9月17日
陵所 小松山陵(後田邑陵)
御名 時康
異称 仁和帝、小松帝
父親 仁明天皇
母親 藤原沢子
女御 班子女王
藤原佳美子
平等子
子女 宇多天皇
ほか(后妃・皇子女節参照)
テンプレートを表示

光孝天皇(こうこうてんのう、天長7年(830年) - 仁和3年8月26日887年9月17日)は、第58代天皇(在位:元慶8年2月23日884年3月23日) - 仁和3年8月26日(887年9月17日))。時康(ときやす)。

仁明天皇の第三皇子。母は藤原総継の娘、贈皇太后沢子

略歴[編集]

幼少より太皇太后橘嘉智子の寵愛を受ける。16歳で父仁明天皇の御前で元服して親王となり、四品に叙せられる。以後、中務卿式部卿相撲司別当、大宰帥常陸太守上野太守と、親王が就任する慣例となっている官職のほぼすべてを歴任し、53歳のときに一品に叙せられ親王の筆頭となった。

陽成天皇が母方の叔父である藤原基経によって廃位されたのち55歳で即位。『徒然草』には即位後も不遇だったころを忘れないように、かつて自分が炊事をして、黒い煤がこびりついた部屋をそのままにしておいた、という話があり、『古事談』にも似たような逸話がある。基経を関白として、前代に引き続いて政務を委任した。その際、基経は陽成天皇の弟であり、やはり自身の甥である貞保親王にいつか天皇を継がすであろうと斟酌し、即位と同時にすべての子女を臣籍降下させ、子孫に皇位を伝えない意向を表明していた。だが、基経は妹である高子と仲が悪く、その子である貞保親王を避けていた為に次代の天皇の候補者が確定していないうちに病を得たため、仁和3年8月25日に子息・源定省(後の宇多天皇)を親王に復し、翌8月26日に立太子させた。同日に天皇は58歳で崩御(死亡)し、定省親王が践祚した(宇多天皇)。

宮中行事の再興に務めるとともに諸芸に優れた文化人でもあったとされる。和歌和琴などに秀でたともされ、桓武天皇の先例にならって鷹狩を復活させた。また、親王時代に相撲司別当を務めていた関係か即位後相撲を奨励している。晩年は、政治改革を志向するとともに、親王時代の住居であったとされる宇多院の近くに勅願寺創建を計画するも、いずれも実現を見ぬままに終わり、跡を継いだ宇多天皇の「寛平の治」及び仁和寺創建に継承されることになる。

日本三代実録』に「天皇少く(わかく)して聡明、好みて経史を読む。容止閑雅、謙恭和潤、慈仁寛曠、九族を親愛す。性、風流多く、尤も人事に長ず」と評されている。

  • 830年天長7年)、生誕。
  • 836年承和3年)1月7日、四品に叙品。
  • 843年(承和10年)2月2日、元服。
  • 848年嘉祥元年)1月13日、常陸太守に任官。
  • 850年(嘉祥3年)5月17日、中務卿を兼任。
  • 851年仁寿元年)11月21日、三品に昇叙。中務卿・常陸太守如元。
  • 853年(仁寿3年)、常陸太守を止む。
  • 856年斉衡3年)6月、上野太守を兼任。
  • 860年貞観2年)1月15日、上野太守を止む。
  • 864年(貞観6年)、上野太守を兼任。(系図纂要は、上総太守としている)
  • 866年(貞観8年)1月13日、上野太守を止め、大宰帥を兼任。
  • 870年(貞観12年)2月7日、二品に昇叙。大宰帥・中務卿如元。
  • 871年(貞観13年)1月28日、大宰帥を止む。
  • 873年(貞観15年)1月13日、上野太守を兼任。
  • 876年(貞観18年)12月26日、中務卿を止め、式部卿を兼任。
  • 877年元慶元年)10月17日、上野太守を止む。
  • 880年(元慶4年)1月11日、常陸太守を兼任。
  • 882年(元慶6年)1月7日、一品に昇叙。式部卿・常陸太守如元。
  • 884年(元慶8年)1月11日、大宰帥を兼帯。 2月8日、受禅。

系譜[編集]

兄弟には、文徳天皇宗康親王人康親王本康親王源多源光がいる。また嵯峨源氏源是茂を養子としている。

系図[編集]

 
(54)仁明天皇
 
(55)文徳天皇
 
(56)清和天皇
 
(57)陽成天皇
 
(源)清蔭陽成源氏へ〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
惟喬親王
 
 
貞純親王
 
(源)経基清和源氏へ〕
 
 
 
 
 
(58)光孝天皇
 
(59)宇多天皇
 
(60)醍醐天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人康親王
 
藤原基経
 
 
真寂法親王
(斉世親王)
 
 
 
 
 
敦実親王
 
(源)雅信宇多源氏へ〕
 
 


后妃・皇子女[編集]

ほか后妃・皇女多数

諡号・追号・異名[編集]

光孝天皇諡号を奉られた。漢風諡号を持つ古代最後の天皇であり、漢風諡号の奉呈はその後、千年近く経った江戸末期の光格天皇による復興まで待つことになる[1]。在位中の年号を以て仁和帝(にんなのみかど)、また山陵の名を以て小松帝(こまつのみかど)とも呼ばれた。

在位中の元号[編集]

陵・霊廟[編集]

(みささぎ)は、京都府京都市右京区宇多野馬場町にある後田邑陵(のちのたむらのみささぎ)に治定されている。公式形式は円丘。小松山陵(こまつやまのみささぎ)とも。江戸時代には陵の所在はまったくの不明となっており、明治期になり京都市右京区宇多野馬場町の現陵の場所に定められた。ただし、比定に確たる根拠があったわけではなく、仁和寺の西南にあたる現在の場所は文献記録とも矛盾すると指摘されている[2][3]

上記とは別に、京都府京都市右京区御室大内にある宮内庁の御室陵墓参考地(おむろりょうぼさんこうち)では、光孝天皇が被葬候補者に想定されている[4]

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

和歌[編集]

小倉百人一首にとられる。

君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪はふりつつ
(きみがため はるののにいでて わかなつむ わがころもでに ゆきはふりつつ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 怨霊封じのため「徳」字を奉られた崇徳安徳顕徳順徳の四帝を除く。
  2. ^ 江家次第』および『中右記嘉承元年(1106年)2月28日条の記事によって、仁和寺北院の西側に接していたことや仁和寺大教院の東南方角にあったことが分かる。
  3. ^ 山田邦和『平安京の葬送地 平安京周辺の天皇陵 』
  4. ^ 外池昇『事典陵墓参考地 もうひとつの天皇陵』(吉川弘文館、2005年)pp. 49-52。

関連項目[編集]