藤原良門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤原 良門(ふじわら の よしかど、生没年不詳)は、平安時代前期の貴族、廷臣。藤原北家左大臣藤原冬嗣の六男。官位正六位上内舎人

経歴[編集]

正六位上・大舎人に叙任するが、利基高藤の2子を儲けた直後に没したとされ、兄弟中唯一五位に昇る事がなかった[1]。そのため、事績はほとんど伝わっていない。『今昔物語集』巻12には高藤については、「父ノ内舎人年若クシテ墓无ク失給ヒケリ」と記されている。

子孫[編集]

息子高藤は娘の胤子醍醐天皇の生母となったことから、内大臣に至り、早い時期で貴族社会において一定の地位を確立している。降って院政期に入ると、良門から8代後の藤原為房の一家が権勢を得て栄え、結果的に良門流は藤原北家を代表する一族の一つとなった。この系統を中心に、良門流からは歴史上著名な人物が多数輩出されている。

利基の子孫[編集]

高藤の子孫[編集]

その他[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 尊卑分脈』。同書では良門の位階について「従四位上」(1巻44)と「正六位上」(2巻27)の2種の記載があるが、『公卿補任』(寛平6年条・藤原高藤項)・『扶桑略記』(昌泰3年1月3日条)、そして上記の『今昔物語集』の全てが良門の身分を内舎人としていること、内舎人の位階として従四位は高すぎることから、正六位上が正しい位階であったと考えられている(栗原、2008年、P148-149・159)。

参考文献[編集]

  • 栗原弘「藤原冬嗣家族について」(初出:『阪南論集 人文・自然科学編』第27巻4号、所収:栗原『平安前期の家族と親族』(校倉書房2008年)ISBN:978-4-7517-3940-2 第二部第二章)