藤原真作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤原 真作(ふじわら の まつくり /またなり /まさか、生没年不詳)は、奈良時代貴族藤原南家参議藤原巨勢麻呂の五男。官位従五位上阿波守

経歴[編集]

延暦3年(784年従五位下叙爵する。翌延暦4年(785年)皇后宮大進を務めていた際、赤い皇后宮殿に飛来して止まるとの瑞祥があり、他の皇后宮職の諸官とともに昇叙され従五位上となる。同年石見守として地方官に転じる。延暦9年(790年大蔵大輔に復すが、のち三河守阿波守と地方官を歴任した。

官歴[編集]

注記のないものは『続日本紀』による。

系譜[編集]

注記のないものは『尊卑分脈』による。

  • 父:藤原巨勢麻呂
  • 母:丹墀吉部(または巨部)の娘
  • 妻:常陸那賀郡人
  • 妻:伊勢員弁郡人
    • 男子:藤原弟藤
  • 妻:紀雄治丸(または雄恒[3])の娘
    • 男子:藤原百城
  • 妻:御井氏
  • 生母不詳の子女

脚注[編集]

  1. ^ 『尊卑分脈』
  2. ^ 『続日本後紀』嘉祥3年2月16日条
  3. ^ 『真光院本藤原氏系図』
  4. ^ 『続日本後紀』承和7年7月7日条
  5. ^ 『日本後紀』天長7年4月30日条

参考文献[編集]