源懿子 (後白河天皇妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

源 懿子(みなもと の いし/ よしこ、永久4年(1116年) - 康治2年6月24日1143年8月6日))は、藤原経実の娘。母は藤原公子藤原公実の娘)。源有仁の養女。後白河天皇親王時の妃、二条天皇生母。贈皇太后

母の妹が源有仁の室であった関係で、源有仁の養女として育てられた。保延5年(1139年)の雅仁親王(のちの後白河天皇)の元服の頃、妃となったとみられる。当時、雅仁親王は13歳、懿子は24歳で、懿子の方が11歳年長であった。康治2年(1143年)6月17日、三条高倉第において守仁親王(のちの二条天皇)を産むが、疱瘡を患い、同月24日に28歳で薨去。雅仁親王久寿2年(1155年)、守仁親王即位までの中継ぎとして即位したが、保元3年(1158年)、守仁親王に譲位。懿子は二条天皇の即位に伴い、皇太后を追贈された。

参考文献[編集]

  • 角田文衛『待賢門院璋子の生涯』、朝日選書、1985年