大炊御門麗子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大炊御門 麗子(おおいのみかど/おおいみかど れいし、元暦2年/文治元年(1185年) - 寛元元年9月18日1243年11月1日))は、鎌倉時代后妃女院。太政大臣大炊御門頼実の女(母は左京大夫藤原定隆の女、藤原隆子)で、土御門天皇中宮となる。院号陰明門院(おんめいもんいん)。

建久9年(1198年)、土御門天皇の大嘗祭の際に女御代を務め、元久2年(1205年)4月、21歳で10歳年下の土御門天皇のもとに入内して女御宣下を受け、同年7月に中宮に冊立される。子を産むこともないまま、承元4年(1210年)3月に院号宣下を受け、同年11月には土御門天皇が異母弟の守成親王(順徳天皇)に譲位した。

承久3年(1221年)1月に麗子は出家し、法号を清浄妙と称する。同年5月には承久の乱が勃発し、乱の終結後、土御門上皇は乱に直接関与していなかったにもかかわらず、父後鳥羽上皇隠岐国への配流が決定すると、自ら望んで土佐国に配流されたが、麗子は同行せず京に留まった。

寛喜3年(1231年)、土御門上皇が配流先の阿波国で崩御すると、麗子は自身の封戸年官年爵を辞して隠遁し、寛元元年(1243年)、59歳で崩御した。

参考文献[編集]

  • 安田元久編 『鎌倉・室町人名事典』 新人物往来社、1990年。
  • 芳賀登他監修 『日本女性人名辞典』 日本図書センター、1993年。