勧修寺婧子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
勧修寺 婧子
続柄 光格天皇典侍仁孝天皇生母

称号 東京極院
身位 典侍従三位准三宮女院(追贈)
出生 安永9年11月6日1780年12月1日
死去 天保14年3月21日1843年4月20日)(享年64)
配偶者 光格天皇
子女 仁孝天皇、皇女(多祉宮)、皇女(娍宮)
父親 勧修寺経逸
母親 池田数計子あるいは家女房
テンプレートを表示

勧修寺 婧子(かじゅうじ ただこ、安永9年11月6日1780年12月1日) - 天保14年3月21日1843年4月20日))は、光格天皇典侍で、仁孝天皇の生母。

生涯[編集]

幼名は操(みさお)、別名に冬子。に、新典侍(しん てんじ)、宰相典侍(さいしょう てんじ)、権中納言典侍(ごんちゅうなごん てんじ)、三位局(さんみの つぼね)など。寛政4年10月24日(1792年)、光格天皇の後宮に入り、典侍となった。天保13年12月1日、従三位。

死後の天保15年2月13日、准三后女院を追贈、院号東京極院(ひがし きょうごく いん)。

来歴[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『光格天皇実録』巻八に、藤原婧子について「母ハ松平仲庸ノ女ナリ」と記されている。その出典として、「續三宮傳」(「母松平攝津守仲庸女」と記載)、「椒庭譜料」(「母、摂津守松平仲庸女」と記載)、「勸修寺系圖」(「母仲庸女」と記載)が挙げられている。
  2. ^ 東京大学史料編纂所所蔵『勧修寺家譜』36頁には「母家女房」と記されており、他の史料と異なる。ただし、元の家譜は1864年の禁門の変で失われており、これは明治8年に勧修寺顕允により差し出されたものである。
  3. ^ 『御系譜』などの史料に、婧子の母について「摂津守松平仲庸女」(池田仲庸の娘)と記されている。

関連項目[編集]


参考文献[編集]

  • 藤井讓治/監修・解説『天皇皇族実録 130 光格天皇実録』(ゆまに書房、2006.10)
  • 東京大学史料編纂所所蔵『光格天皇実録 巻八』p.2472-2473
  • 東京大学史料編纂所所蔵『勧修寺家譜』
  • 芳賀登 他 監修 『日本女性人名辞典』 日本図書センター、1998年、p. 864