大炊御門家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大炊御門家
家紋
菱に片喰ひしにかたばみ[1]
本姓 藤原北家花山院流
家祖 藤原経実
種別 公家清華家
華族侯爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 藤原経宗
大炊御門頼国
支流、分家 鷹司家(公家)
堀河家(公家)
三条家(公家)
凡例 / Category:日本の氏族

大炊御門家(おおいのみかどけ)は、藤原北家師実流公家華族。公家としての家格は清華家、華族としての家格は侯爵[2]。家業は筆道和歌装束[1]江戸時代の家禄は400石だった[3]家紋は菱に片喰。

概略[編集]

藤原北家師実流[1]平安時代末期摂政関白藤原師実の子の経実1068年(治暦4年) - 1131年(天承元年))を祖として創立された。大炊御門北、万里小路東に邸宅があったため大炊御門を称する。経実は権大納言どまりであったが、その子の経宗1119年(元永2年) - 1189年(文治5年))は平治の乱で当初藤原信頼源義朝方に付きながら寝返って平清盛方の勝利に貢献。また、経宗は、二条天皇外叔として勢威をふるい、左大臣に昇って清華家の家格を確保した。経宗の子の頼実1155年久寿2年) - 1225年嘉禄元年))は二度に渡って太政大臣を務めている。

明治維新後、1884年明治17年)7月7日幾麿(いくまろ)が侯爵を授けられた[2]

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
藤原師実
 
 
 
経実1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
経宗2隆通光忠源懿子先実経定
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼実3大炊御門師経頼定定雅三条成定
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大炊御門師経4大炊御門家宗陰明門院鷹司頼平資頼頼房基定伊成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家嗣5忠嗣伊平頼基基平資隆頼行頼俊能定伊基
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
冬忠6経嗣伊頼伊嗣藤輔基嗣定基行忠頼時時経長顕伊顕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信嗣7氏嗣冬輔宗嗣通輔氏忠教顕伊経
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
良宗8嗣雄忠藤宗平宗兼宗房頼顕
 
 
 
 
 
 
 
冬氏9忠頼為顕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏忠冬信10家信頼冬頼継助定
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗実11冬宗12信経兼頼
 
 
 
宗氏13
 
 
 
信宗14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信量15[※ 1]嘉楽門院[※ 2]
 
 
 
経名16
 
 
 
(再興)
経頼17[※ 3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼国18経孝19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
経光20頼兼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信名21[※ 4]内藤義竜
 
 
 
 
 
 
経音22大炊御門経音
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
経秀23鷲尾隆熈
 
 
 
家孝24
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
経久25内藤政憲
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
経長26経尚家信27今城経明
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
経宣幾麿28師前綾小路家政
 
 
 
 
 
 
経輝29[※ 5][4]一条実孝
 
 
 
 
経昭30
  1. ^ 三条実量の子。
  2. ^ 藤原孝長の子。
  3. ^ 中山孝親の子。
  4. ^ 近衛基熈の次男。
  5. ^ 徳川生物学研究所から石油会社勤務

 

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の大炊御門家領は以下の通り。(5村・403石9斗4升5合)

  • 山城国愛宕郡幡枝村のうち - 30石
  • 山城国乙訓郡今里村のうち - 100石
  • 山城国乙訓郡石見上里村のうち - 34石9斗
  • 山城国紀伊郡吉祥院村のうち - 35石1斗
  • 山城国久世郡上津屋村のうち - 203石9斗4升5合

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 太田亮 1934, p. 1294.
  2. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 322.
  3. ^ 太田亮 1934, p. 1295.
  4. ^ 大山桂氏を囲んで地質調査総合センター、1981

参考文献[編集]

  • オープンアクセス太田亮 著「国立国会図書館デジタルコレクション 大炊御門 オホヒミカド」、上田, 萬年三上, 参次 監修 編 『姓氏家系大辞典』 第1巻、姓氏家系大辞典刊行会、1934年、1294-1295頁。 NCID BN05000207OCLC 673726070全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130845/721 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
系譜参考

関連項目[編集]