三条厳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

三条 厳子(さんじょう たかこ/いずこ、正平6年(1351年) - 応永13年12月27日1407年2月14日))は、南北朝時代室町時代の女性。後円融天皇後宮で、後小松天皇珪子内親王の生母。院号は通陽門院准三宮。父は内大臣三条公忠

生涯[編集]

建徳2年(1371年)、緒仁親王(後の後円融天皇)に上臈女房として入侍。三条公忠後愚昧記』に拠れば弘和3年(1383年)、後円融天皇と足利義満との確執に巻き込まれ、2月1日には出産を終えて宮中へ戻ったところ、義満との密通を疑われて後円融天皇に刀の峰で殴打され、実家三条家に逃げ帰る事件が起きる[1]

後小松天皇の践祚後、弘和3年(1383年)11月に従二位、応永2年(1395年)4月に准三宮、同3年(1396年7月24日に院号宣下を受けた。応永13年(1406年)12月27日、56歳で薨去した。薨去に際し、足利義満は天皇一代に二度の諒闇(天子が父母の喪に服すること)は不吉であるとして、その室日野康子を後小松天皇の准母に立てて諒闇を回避させた。

脚注[編集]

  1. ^ この際に、厳子が出産後2か月たっても御所に戻らなかったこと、またその後の足利義満の行動から、作家の海音寺潮五郎は「後小松天皇は義満の子ではないか」という説を唱えた。