正親町三条秀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
正親町三条 秀子

続柄 光厳天皇典侍崇光天皇後光厳天皇生母
称号 陽禄門院
身位 従三位准三宮女院
出生 応長元年(1311年
死去 正平7年11月28日1353年1月12日)(享年42)
配偶者 光厳天皇
父親 正親町三条公秀
テンプレートを表示

正親町三条 秀子(おおぎまちさんじょう ひでこ、応長元年(1311年) - 正平7年11月28日1353年1月12日))は、南北朝時代室町時代女性光厳天皇典侍で、崇光天皇後光厳天皇の生母。父は内大臣正親町三条公秀准三宮。院号は陽禄門院

延元2年(1337年)3月に従三位に叙任。正平7年(1352年)10月に院号宣下と同時に准三宮となり、同年出家して、11月28日に42歳で薨去した。