桑田王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桑田王
時代 奈良時代
生誕 不詳
死没 神亀6年2月12日729年3月16日
父母 父:長屋王、母:吉備内親王または石川虫丸
兄弟 膳夫王桑田王葛木王鉤取王安宿王黄文王山背王智努女王円方女王賀茂女王
礒部王
特記
事項
子孫は高階氏
テンプレートを表示

桑田王(くわたおう)は、長屋王の第二王子。母は吉備内親王、あるいは石川虫丸とする説もある[1]

神亀6年(729年)2月に父・長屋王謀反の疑いをかけられ、長屋王、吉備内親王膳夫王葛木王鉤取王らと共に縊死した(長屋王の変)。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「平城宮発掘調査出土木簡概報」

参考文献[編集]