三諸大原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
三諸大原
時代 奈良時代後期 - 平安時代初期
生誕 不明
死没 大同元年11月9日806年12月22日
改名 大原王→文室大原→三諸大原
官位 従四位下備前守勲三等
主君 桓武天皇平城天皇
氏族 文室真人→三諸朝臣
父母 父:文室浄三
兄弟 沢王、文室与伎文室真屋麻呂大原、岡屋王妃
文室綿麻呂文室正嗣、文室名嗣、
文室秋津文室海田麻呂文室宮田麻呂
テンプレートを表示

三諸 大原(みもろ の おおはら)は、奈良時代から平安時代初期にかけての貴族大納言文室浄三の九男。官位従四位下備前守勲三等

経歴[編集]

天平勝宝4年(752年)父・智努王と共に文室真人姓を与えられて臣籍降下する[1]

延暦4年(785年従五位下叙爵し、右兵衛佐に任ぜられる。翌延暦5年(786年上総介として地方官に転じる。延暦9年(790年治部少輔に任ぜられ京官に復帰するが、翌延暦10年(791年)には早くも陸奥介鎮守副将軍として地方官に戻り、蝦夷征討の任にあたる。蝦夷征討における大原の具体的な活動内容は伝わらないが、勲三等の叙勲を受けていることから、大きな戦果を挙げた延暦13年(794年)の征夷副将軍坂上田村麻呂の遠征軍に従軍した可能性もある。またこの間、延暦11年(792年)文室真人から三諸朝臣に改姓している[1]

その後、常陸守の任期中に稲216,090束を横領していたことが発覚するが、延暦21年(802年)になって罪を免ぜられている(この時の位階は従四位下[2]。延暦23年(804年播磨守、延暦24年(805年)備前守と引き続き地方官を歴任した。

平城朝初頭の大同元年(806年)11月9日に自邸で卒去。最終官位は散位従四位下[1]

人物[編集]

頻繁に地方官を務めたが、解由状(国司の交代引き継ぎ証)の不交付となることがなかった[1]

官歴[編集]

六国史』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 日本後紀』大同元年11月9日条
  2. ^ 『日本後紀』延暦21年正月21日条
  3. ^ 『公卿補任』
  4. ^ a b c 宝賀[1986: 178]
  5. ^ 『続日本後紀』承和10年3月2日条
  6. ^ 『日本文徳天皇実録』天安2年正月24日条

参考文献[編集]