舒明天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
舒明天皇

先代 推古天皇
次代 皇極天皇

誕生 593年
崩御 641年11月17日
百済宮
陵所 押坂内陵
御名 田村
異称 息長足日広額天皇
父親 押坂彦人大兄皇子
母親 糠手姫皇女
皇后 宝姫王(皇極天皇
夫人 法提郎女
子女 古人大兄皇子
天智天皇
間人皇女
天武天皇
蚊屋皇子
皇居 飛鳥岡本宮
テンプレートを表示

舒明天皇(じょめいてんのう、推古天皇元年(593年)? - 舒明天皇13年10月9日641年11月17日))は、日本の第34代天皇(在位:舒明天皇元年1月4日629年2月2日) - 舒明天皇13年10月9日(641年11月17日))。

田村(たむら)。 和風諡号息長足日広額天皇(おきながたらしひひろぬかのすめらみこと)。

経歴[編集]

先代の推古天皇は、在位36年3月7日(628年4月15日)に崩御した時、継嗣を定めていなかった。 蘇我蝦夷は群臣にはかってその意見が田村皇子と山背大兄皇子に分かれていることを知り、田村皇子を立てて天皇にした。これが舒明天皇である。これには蝦夷が権勢を振るうための傀儡にしようとしたという説と他の有力豪族との摩擦を避けるために蘇我氏の血を引く山背大兄皇子を回避したという説がある。また近年では、欽明天皇の嫡男である敏達天皇の直系(田村皇子)と、庶子である用明天皇の直系(山背大兄皇子)による皇位継承争いであり豪族達も両派に割れたために、蝦夷はその状況に対応した現実的な判断をしただけであるとする見方もある。

ともあれ、舒明天皇の時代、政治の実権は蘇我蝦夷にあった。

在位中、最初の遣唐使を送り、からの高表仁の返訪を受けた。 唐には使者の他にも学問僧や学生が渡り、隋の頃に渡った者も含め、僧霊雲、僧、僧清安高向玄理が帰国した。百済新羅からの使節も訪れた。

本朝皇胤紹運録』や『一代要記』などでは、49歳で崩御と伝えられている。古い史料による確認は困難なものの、母である糠手姫皇女(田村の御名は彼女から継承されたものである)が舒明天皇よりも20年以上長く生きて天智天皇3年(664年)に没している事や、皇子である天智天皇らの年齢を考えると、ほぼ正確な年齢(もしくは数年の誤差)ではないかと見られている[1]

系譜[編集]

天皇系図 26~37代

押坂彦人大兄皇子敏達天皇皇子で、母はその最初の皇后である広姫)の子で、母は糠手姫皇女(敏達天皇皇女で押坂彦人大兄皇子の異母妹)。

『日本書紀』が記す以上の皇子女の他、『一代要記』『帝王編年記』などに布敷皇女(母は法提郎女)・押坂錦間皇女(母は粟田臣鈴子の女 ・香櫛娘)・箭田皇女(母は蘇我蝦夷の女 ・手杯娘)の名を伝えるが、所拠不明である。

系図(飛鳥時代)[編集]

 
(27)安閑天皇
 
 
石姫皇女
(欽明天皇后)
 
 
 
 
 
 
(28)宣化天皇
 
 
上殖葉皇子
 
十市王
 
多治比古王
 
多治比)
 
 
 
 
 
 
 
(29)欽明天皇
 
(30)敏達天皇
 
押坂彦人
大兄皇子
 
(34)舒明天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春日皇子
 
 
茅渟王
 
(35)皇極天皇
(37)斉明天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大派皇子
 
 
 
 
 
 
(36)孝徳天皇
 
有間皇子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
難波皇子
 
大俣王
 
栗隈王
 
美努王
 
諸兄
橘氏へ〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(31)用明天皇
 
厩戸皇子
聖徳太子
 
山背大兄王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(33)推古天皇
 
 
来目皇子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(32)崇峻天皇
 
 
当麻皇子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
穴穂部間人皇女
 
 
殖栗皇子
 
 
 


系図(白鳳時代)[編集]

 
古人大兄皇子
 
倭姫王
(天智天皇后)
 
 
 
 
 
(38)天智天皇
(中大兄皇子)
 
(41)持統天皇
(天武天皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(43)元明天皇
(草壁皇子妃)
 
 
 
間人皇女
(孝徳天皇后)
 
 
(39)弘文天皇
(大友皇子)
 
葛野王
 
池辺王
 
淡海三船
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
志貴皇子
(春日宮天皇)
 
(49)光仁天皇
 
(50)桓武天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
早良親王
(崇道天皇)
 
 
 
(40)天武天皇
(大海人皇子)
 
高市皇子
 
長屋王
 
桑田王
 
磯部王
 
石見王
 
高階峰緒
高階氏へ〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
草壁皇子
(岡宮天皇)
 
(44)元正天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大津皇子
 
 
(42)文武天皇
 
(45)聖武天皇
 
(46)孝謙天皇
(48)称徳天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忍壁皇子
 
 
吉備内親王
 
 
 
 
 
 
井上内親王
(光仁天皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長親王
 
智努王
文室浄三
 
大原王
 
文室綿麻呂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
御原王
 
小倉王
 
(清原)夏野
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
舎人親王
(崇道尽敬皇帝)
 
 
(47)淳仁天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貞代王
 
(清原)有雄
清原氏へ〕
 
 
 
 
 
 
 
 
新田部親王
 
塩焼王
 
(氷上)川継
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
道祖王
 


在位中の事績など[編集]

※ 史料は、特記のない限り『日本書紀』に拠る。

  • 舒明天皇元年(629年
    • 1月4日 - 即位。
  • 舒明天皇2年(630年
  • 舒明天皇3年(631年
  • 舒明天皇4年(632年
    • 8月 - 高表仁を派遣し、犬上御田鍬らを送る。
    • 10月4日 - 唐の高表仁が難波津に到着。
  • 舒明天皇5年(633年
    • 1月26日 - 高表仁が唐へ戻る(「與王子爭禮 不宣朝命而還」『旧唐書』)。
    • この年 - 物部兄麻呂を武蔵国造に任じたという(『聖徳太子伝暦』)。
  • 舒明天皇6年(634年
    • 1月15日 - 豊浦寺(明日香村)塔の心柱を建てる(『聖徳太子伝暦』)。
  • 舒明天皇8年(636年
  • 舒明天皇9年(637年
  • 舒明天皇10年(638年
    • この年 - 福亮僧正が法起寺金堂(斑鳩町)を建立するという(『法起寺塔露盤銘』)。
  • 舒明天皇11年(639年
  • 舒明天皇12年(640年
    • 4月 - 伊予から帰り、厩坂宮(うまやさかのみや。橿原市大軽町付近)に滞在する。
    • 10月 - 百済宮に遷る。
  • 舒明天皇13年(641年)
    • 10月9日 - 百済宮で崩御
    • 10月18日 - 宮の北にをした。

万葉集』に御製歌あり。

陵・霊廟[編集]

舒明天皇 押坂内陵
奈良県桜井市

舒明天皇の(みささぎ)は、宮内庁により奈良県桜井市大字忍阪にある押坂内陵(おさかのうちのみささぎ、位置)に治定されている[2][3][4]。公式形式は上円下方。考古学名は「段ノ塚古墳」で、下方部は一辺約105メートルを測り、上円部の基礎は実際には八角形をなす上八角下方墳とされる[4]

埋葬について、『日本書紀』では天皇崩御翌年の皇極天皇元年12月13日(643年1月8日)に喪を起こし、皇極天皇元年12月21日に「滑谷岡(なめはざまのおか)」に葬られたうえで、皇極天皇2年9月6日(643年10月23日)に「押坂陵」に改葬されたとする[4]。『延喜式諸陵寮諸陵式)では現在と同じ「押坂内陵」の名称で記載され、大和国城上郡の所在で、兆域は東西9町・南北6町で陵戸3烟を付すとしたうえで、遠陵に分類する。加えて、陵内には田村皇女(糠手姫皇女)押坂墓、陵域内には大伴皇女押坂内墓、陵域内東南には鏡女王(鏡王女)押坂墓が所在するとする[4]

その後、陵は所在不明となったが、元禄探陵の際に当時「段ノ塚」と呼ばれていた本古墳が舒明天皇陵に決定された[4]。幕末の元治元年(1864年)9月には修陵が開始され、慶応元年(1865年)11月に竣工した[4]。現在は陵内の糠手姫皇女押坂墓、近在の大伴皇女押坂内墓とともに宮内庁の管理下にある(鏡女王押坂墓は治定外墓)。また明治天皇陵(伏見桃山陵)以降の天皇陵が採用する上円下方の陵形は、本古墳がモデルになっている[4]

なお、初葬地とされる「滑谷岡」の所在は明らかでなく、諸説がある。飛鳥時代中頃の古墳としては小山田遺跡(こやまだいせき、奈良県高市郡明日香村川原、位置)において大型方墳が発見されており、同古墳が一辺50メートル以上と飛鳥時代最大級の規模になることから、上記の「滑谷岡」に比定する説が挙げられている(ただし蘇我蝦夷の「大陵」に比定する説もある)[5]

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに舒明天皇の霊が祀られている。

在位年と西暦との対照表[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 仮に糠手姫皇女が推古天皇元年(593年)に15歳で舒明天皇を生んだと仮定しても、皇女が亡くなった時には86歳と当時としては高齢となるため593年以前の天皇誕生は考えにくい。一方、舒明天皇の長子とされる中大兄皇子(天智天皇)は、天皇崩御時には16歳であったことは『日本書紀』に書かれており、逆算すると天皇が36歳の時の子となるが、これもやはり最初の子を儲ける年齢としては遅すぎるため、593年以前の天皇誕生は考えにくい。従って天皇の生年は推古天皇元年(593年)もしくはそれを降ることはありえても同年を遡ることは困難である。また、舒明天皇には同母弟が存在するとされている。これによって父親の押坂彦人大兄皇子が用明天皇2年(587年)の丁未の乱の混乱で殺害されたとする説や崇峻天皇暗殺当時に押坂彦人大兄皇子が既に亡くなっていたために推古天皇が即位したとする説は成立困難である(薗田香融「皇祖大兄御名入部について」『日本古代財政史の研究』(塙書房、1981年)P358-359・385・388(原論文発表は1968年))。
  2. ^ 天皇陵(宮内庁)。
  3. ^ 宮内省諸陵寮編『陵墓要覧』(1934年、国立国会図書館デジタルコレクション)12コマ。
  4. ^ a b c d e f g 押坂内陵(国史).
  5. ^ 小山田遺跡第5・6次調査 現地説明会資料 (PDF) (奈良県立橿原考古学研究所、2015年1月18日)。
    "石舞台古墳しのぐ規模「舒明天皇」の滑谷岡陵か 「蝦夷の墓」説の研究者も 小山田遺跡"(産経WEST、2015年1月15日記事)。
    "舒明天皇の初葬地か - 飛鳥最大の方墳/明日香・小山田遺跡"(奈良新聞、2015年1月16日記事)。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]