春日皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

春日皇子(かすが の みこ、欽明天皇21年(560年)頃 - 推古天皇23年?(615年))は、古墳時代終末期から飛鳥時代にかけての皇族敏達天皇とその妃・春日老女子の第二皇子。

系譜[編集]

  • 父:敏達天皇
  • 母:春日老女子(春日仲君の娘)
  • 妻:不詳
    • 男子:宮処王 - 子孫は春日真人
    • 男子:広瀬王 - 子孫は香山真人

一般に流布している小野氏系図[1]では、春日皇子の子に小野妹子がいたとするが、これは後世の仮冒であるとされる[2]

脚注[編集]

  1. ^ 「小野氏系図」(『群書類従』巻第63所収、『続群書類従』巻第166所収)、『尊卑分脈』など
  2. ^ 太田亮『姓氏家系大辞典』角川書店、1963年