无邪志国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
武蔵国造から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
无邪志国造
No image available.svg
本姓 丈部氏のち武蔵氏
家祖 兄多毛比命
種別 神別天孫
主な根拠地 无邪志国
(のちの武蔵国秩父除く))
著名な人物 #人物を参照
支流、分家#一族記載以外の氏族を記載)
菊麻国造
大島国造
伯岐国造
矢田部氏
刑部氏
野与氏
凡例 / Category:日本の氏族

无邪志国造(むざしのくにのみやつこ、むざしこくぞう)はのちに武蔵国東部となる地域(无邪志国)を支配した国造である。

先代旧事本紀』の「国造本紀」において无邪志国造条の次に胸刺国造条があるが、この2国造は同一のものであるとする説と別であるとする説がある。

概要[編集]

別名[編集]

祖先[編集]

氏族[編集]

丈部氏)、のち武蔵氏(姓は宿禰)。

无邪志国造の系図については、『埼玉叢書. 第3巻』内「武州一宮氷川神社書上」内「西角井從五位物部忠正家系」442・443頁を参照。

  • 丈部氏
    大部氏とも表記する。系図[1]によれば、八背直()は応神天皇(第15代天皇)の時代に膳大伴部(かしわでのおおともべ。天皇の食膳調達にあたる部民氏族。)となり供奉したので膳大部氏(かしわでのおおともうじ。姓は直。)を名乗ったという。これは膳大伴部の在地統率氏族である膳大伴氏(かしわでのおおともうじ)の異表記である。同じように、大部氏(おおともうじ)とは膳大伴氏の略である大伴氏(おおともうじ。下記参照。)と同一のものである。なお「大部」を「大伴部」(おおともべ。膳大伴部の略。)の略と考えた場合、その読みは「おおべ」となる。
  • 武蔵氏
    奈良時代官人藤原仲麻呂の乱の功績により武蔵国造に任じられた丈部不破麻呂#人物参照)がその時に賜った氏である。

一族[編集]

以下に記載する氏族などが一族である。

本拠[編集]

支配領域[編集]

无邪志国造の支配領域は当時无邪志国と呼ばれていた地域である。无邪志国はのちの令制国武蔵国にあたる[5]。ただし、秩父(知々夫国造の支配する知々夫国だった)を除いた範囲をさすとする説もある。現在の埼玉県東京都境界周辺、荒川流域にある[6]北足立郡入間郡・旧大宮市[5]に当たる。

地名の起源については、武蔵国#「武蔵」の国名を参照。

无邪志国は知々夫国造の支配した知々夫国と合わさって7世紀令制国武蔵国となった。当初武蔵国は東山道に所属していたが、771年東海道に移管された。

氏神[編集]

[編集]

人物[編集]

以下に武蔵国造を務めた著名な者を記載する。

子孫[編集]

呂者。擅於己造寺。而隨恣心借用寺物。未報之死亡焉。爲償此物故受牛身者也。
(赤麻呂は自らが造った多磨寺か)の物を借用し、それをまだ返さないうちに死んだ。この物を償うために牛の身を受けたものである。)
と書かれていたという。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ リンクは大國魂神社のサイト内。
  2. ^ 一宮を参照。
  3. ^ 日本書紀』に記述されている年を機械的に西暦に置き換えて算出したもの。
  4. ^ 日本書紀』に記述される在位を機械的に西暦に置き換えたもの。
  5. ^ a b 四等官を参照。
  6. ^ 国司(国司の長官四等官を参照))の権官
  7. ^ 国司次官四等官も参照)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 埼玉叢書. 第3巻』内「武州一宮氷川神社書上」内「西角井從五位物部忠正家系」442頁。
  2. ^ 国史大系. 第7巻
  3. ^ 新訂増補國史大系 第7巻
  4. ^ 武蔵国(平凡社 埼玉県) & 2004年.
  5. ^ a b 日本歴史地図 原始・古代編 下』。
  6. ^ a b 无邪志国造 ( 武蔵 ) - 日本辞典(2018年3月1日 午前8時24分(JST)閲覧)
  7. ^ 由緒・歴史 - 大國魂神社(東京・府中)(2018年3月2日午前0時(夜)41分(JST)閲覧)
  8. ^ 東京府 (編) 「大國魂神社」『東京府西多摩郡南多摩郡北多摩郡名所旧蹟及物産志』 東京府、1912年、pp. 92f。
  9. ^ a b c d 坪宮 - 大國魂神社(2018年2月1日午後3時28分(JST)閲覧)
  10. ^ a b c d 氷川神社について - 武蔵一宮 氷川神社(2018年7月2日午前10時54分(JST)閲覧)
  11. ^ a b 角川日本地名大辞典 11 埼玉県』。
  12. ^ 中野区史. 上巻』。

参考文献[編集]

関連項目[編集]